フォトブラセブン,photobra7,ふぉとぶらせぶん,フォトブラ,photobra,ふぉとぶら


パレスチナの子供 ~ 「WE ♥ART♥ LOVE」展バレンタインチャリティ展~



先日、画家の増山麗奈さんから電話があった。
彼女と彼女の夫・ジャーナリストの志葉玲さんが運営する新宿のギャラリー・ネコノマで開催の「『WE♥ART♥LOVE』〜バレンタイン・チャリティ展」を撮ってくれとのこと。
売り上げの一部はパレスチナ・ガザ地区の子供たちに送られる。

実はカメラマンデビュー3年になるのだが、この冬、初めてバイトを始めた。
機材がろくに揃ってもいない時に雑誌から声がかかりプロデビュー。
それ以来、ギャラは生活費と機材に消えていきとうとう経済的に力尽きた。
2件かけ持つバイトは楽しいが、忙しくて寝る時間を作るのがやっとという現状だ。

しかし、パレスチナが受けている理不尽なイスラエルの暴力には憤りを感じるし、シバレイさん自らがガザに乗り込んで取材したりする夫妻の平和活動に尊敬の念を抱いているので、二つ返事で駆けつけた。

お互い忙しく、展覧会中に画像をアップし宣伝することが出来なかったのが残念だが、バレンタインにはなんとか滑り込めた。

先程、この記事を書くため麗奈さんに電話を入れたら、悲しいニュースが。
一週間前にガザでイスラエルによる空爆があり、11人が怪我をし、そのうち4人が子供だったそうだ。
医療倉庫、学校も破壊された。
日本のメディアでは報道されなかったが・・・・。









f0192814_23105313.jpg


モデル:増山麗奈
絵:シャハッド「パレスチナの子供」
バックの絵:増山麗奈「ぱらみつ姫 木」
場所:ギャラリー・ネコノマ







シャハッドさんはシバさんがガザ取材で出逢った20歳の英語学科の女子大生。
「国際社会がガザのために何もしてくれないことを、英語を勉強して訴えたい。絵を描くことでも訴えたい」と語る。

そのシャハッドさんと麗奈さんは絵本を製作中である。
完成は「1年以上かかる」とのこと。
画家の麗奈さんが文を担当するのだが、彼女の筆力は自伝で証明済み。





シャハドさんがUSTREAM(ライヴ動画)で展覧会のトークイベントに参加

Palestine from My Eyes(シャハッドさんのブログ)


バックの絵:増山麗奈「ぱらみつ姫 木」


「WE ♥ART♥ LOVE」展バレンタインチャリティ展






一日一回クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2011-02-14 23:16 | 平和 | Comments(10)
Commented by rikiji2002 at 2011-02-15 05:42
ブラさん!
強い気持ちで頑張って!
蔭ながら応援してるよ♪
素敵な写真だ!
Commented by photobra7 at 2011-02-15 05:56
>りきちゃん
いつもありがと!
けっこう楽しんでます♪
金があると飲めるしw
Commented by 増山麗奈 at 2011-02-15 10:45 x
素敵な写真!!!ありがとう
Commented by photobra7 at 2011-02-15 12:09
>麗奈たん
麗奈たんの協力のおかげだよ!
また遊ぼう!
Commented by サイドビジネス 在宅 at 2011-02-15 20:08 x
素敵な写真ですね!
これからも更新応援しています☆
Commented by photobra7 at 2011-02-15 20:12
>サイドビジネス 在宅さん
ありがとうございます。
Commented by kao2009 at 2011-02-15 20:59
わー すてきです
この方のチャーミングさと秘めた決意のようなものを感じる
頼もしいよ いいお写真、一枚でも多く撮ってね
Commented by photobra7 at 2011-02-15 21:46
>kaoちゃん
>チャーミングさと秘めた決意
お~、よく読みとってくれてる!
いつもありがと!
Commented by bernardbuffet at 2011-02-15 23:59
以前も「こどもたちと戦争展」で登場したお二方ですね。
前回はさわやかなイメージ、今回は穏やかなイメージ。悲惨な内容を扱いながらそれにおぼれず、かつ突き放さない距離感がとても良いです。女性の優しい表情が救いです。この写真、ラ・トゥールの絵に雰囲気が似ていますね。
Commented by photobra7 at 2011-02-16 07:50
>bernardbuffetさん
>こどもたち
よく覚えていらっしゃる!

>悲惨な内容を扱いながらそれにおぼれず、かつ突き放さない距離感

以前もそのような書き方をされてましたねえ。
名文だし、すごく光栄!
優れたドキュメンタリーには必須ですよねえ。

>ラ・トゥール
知らなかったけど、検索かけたら同じようなライティングの絵が・・・。
暖かく、かつ厳粛なイメージの定番・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード