フォトブラセブン,photobra7,ふぉとぶらせぶん,フォトブラ,photobra,ふぉとぶら


大腸検査と、明日オスプレイ反対集会!



昨日大腸検査を受けてきた。



f0192814_13541925.jpg



肛門から小腸の入り口までカメラを入れる。
距離にして80cmくらいだそうだ。
痛くはなかった。
ただし内臓を弄られる強い違和感があり、臍の辺りまで来たときに呻いてしまい医者からどうしましたかと聞かれたので「痛くないし問題ないけどエイリアンが出てきそう」と言ったら看護師と一緒に笑っていた。
肛門から32cmのところに6mm大小指の先くらいのポリープが見つかったのでカメラの管を利用したメスで切除した。医者によれば4~5年かけて成長したもので、今の状態では問題ないが今後どうなるか分らないので処置しておくとのこと。
検査申込み時にポリープがあれば切除することを伝えられていたので、私も何ら驚くことはなかった。よくあることだそうだ。
切る瞬間をモニターで見ていたが、痛みは全くなかった。後で看護師に聞くとここを切っても痛みは感じないそうだ。これまで健康なあまり手術とは無縁だったので珍しいことが多い。
上の写真は術後に止血剤の入った点滴を付けるところ。点滴もはじめて。



f0192814_13542490.jpg




他には問題なかったのだが術後の経過を見るために一晩入院となった。人生初めての入院だったが手術跡からの出血もなく新しくできた総合病院ということもあり快適だった。
何人か看護師が来たのだが、その一人が美人だった。生憎、検査の為に入れたガスのせいでお腹の張りが苦しい時期だったので気の利いた雑談を交わせなかったのが心残りだ。
今朝我家に帰ってきた。



f0192814_13543069.jpg
術後の夕食。おかゆにカボチャの煮物がメイン。
リンゴが付いたのは意外だった。
やっぱり身体にいいのかなあ。青森産は放射能が怖くて食べないが。
24時間ぶりの食事ということもありうまかった(検査前18時間は絶食)。




さて、問題は体調不良だ。
今日も微熱があり頭がうつろで倦怠感がある。
脳、内臓、血液を徹底的に検査し異常なし。今回最後とばかり腸の内視鏡検査に挑んだのだが異常はなかった。
それ自体はいいことだが体調不良の原因が見つからないのは困る。




f0192814_13543559.jpg
朝食。おかゆとふの合えものがメイン。うまかった。
ふは沖縄ではよく使われる食材だ。
右上ピンクのチューブの中身は梅肉。こんなのあったんだ。
たった一晩の入院だったが、楽しみは読書と食事のみ。
長期の入院は大変だなあと思った。



6日NHKで放送された「ドクターG・ずっと熱が下がらない」を観ていたらベーチェット病という珍しい病気が自分に当て嵌まるかも知れないと思った。
さっそく検索で調べるとますますその思いが強くなった。
検査結果を伝えるだけの馬鹿医者は頼りにならない。これからは自分で体調不良の原因を探さねばならない。


f0192814_13544170.jpg
那覇市役所に掲げられた垂れ幕。
「オスプレイの配備は許さない!!」



明日は「オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会」に参加する。
さっき交通手段をどうしようかと検索をかけたら那覇市が貸切の無料バスを出したりそれに乗れない人はバス運賃が往復無料というちからの入れようを知り驚いた。
沖縄のいたるところで「オスプレイ反対」の横断幕が掲げられている。
地元にとって何の得にもならないどころか墜落する危険があるガラクタはいらない。
沖縄在住の皆さんはぜひこの集会に参加して下さい。
明日9/9日午前11:00より「宜野湾海浜公園多目的広場」にて。
詳しくは→no osprey沖縄県民大会事務局

仲井真県知事の反対集会不参加表明は残念だ。
人間の本質は外見に表れるが、この知事は目がキョロキョロとよく動く。
そのことから、自分の信念で動くのではなく、周りを見わたし自分の得になるほうへ動く人物とみた。
反対の姿勢を示しはするが渋しぶオスプレイ受入れを納得、というの彼の規定路線なのだろうな(笑)

先日オスプレイ訓練場予定地の高江にある座り込み現場で話を聞いてきた。また米軍がからむ怖い体験もしたが、それはまたいずれ。




点滴お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2012-09-08 14:15 | My Home 沖縄 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード