フォトブラセブン,photobra7,ふぉとぶらせぶん,フォトブラ,photobra,ふぉとぶら


<   2009年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

タスマニアの珍獣現る!

先日、来日した敬愛するフォトグラファー「タスマニアで生きる人たち」のマナブさんに会った。
マナブさんとの付き合いは、1年前、彼の写真のファンである私が彼の記事をブログで紹介させて頂いたときからだが、会うのはこれで3回目。
今回はそのもようをお伝えします。




f0192814_22462298.jpg

彼が昔住んでいた街でおち合い、彼の後についてとある喫茶店の前まで来たのだが、そこで彼の驚愕の発言。
「おいしいコーヒーが飲みたい」
「ええっ!?ここ駄目なんですか?」
「ここは不味い。知ってる」
え~、じゃあなんで連れて来たの?
と思ったが、マジに考えこむマナブさんにそう言うわけにもいかず、すったもんだの挙句、結局その店に入ることに・・・。




f0192814_8121561.jpg

店に入ると彼はカフェラテを注文したのだが、機械のほうを何気なく見ると、コーヒーカップに注がれるハズの2本の液体の筋のうち1本がカップから外れ、カップの横にジャージャーと・・・。
そしてそれを一心に見つめるマナブさん(上の画像)・・・。
どう声をかけていいか分からず黙っていると、
「ずれてる」
と小さく呟く彼。
「お姉さんに言ったほうがいいですよ」
と言うと、
「いや、いい」
とむっつり。
1本の筋だけが注がれたカフェラテ(もどき?)を見つめる彼の表情が今にも泣き出しそうに見えたのは錯覚だろうか?




f0192814_22474525.jpg

カフェラテもどきをトレーに乗せた彼が先導し2階へ。
すると、
「ここ禁煙?」
とマナブさん。
知らんがな、と思いつつ適当に、
「そうじゃないですか」
というと、
「煙が漂ってる気がする」
と彼。
またも中年男二人がうろたえた挙句、やっと『禁煙席』の表示を発見。
禁煙席は3階でした。
この喫茶店、日本にいるときのマナブさんの行き着けのお店・・・。




f0192814_2248383.jpg

席に着いたら、マナブさんの撮影の失敗談に大笑い。
業務妨害なので詳細は省くけど、失敗談聞くなんて久しぶり!
実は関西人の私にとって関東人への大きな不満の一つが「失敗談をしない」こと。
関西では失敗談の暴露合戦で盛り上がり仲良くなるので「関東でも」と上京時にそれをやって何度も失敗した。
失敗談をすると「おれはそんなヘマはやらないよ」とばかり冷ややかな目で見られるのだ。
マナブさんは、関西に溶け込めること間違いなし!




f0192814_22544072.jpg

しばらくすると、マナブさんがカメラを取り出す。
私を撮るという。
前回「撮ってくれないんだあ」と不満を漏らして良かった(私は彼と私が連れて行った某写真雑誌の編集美女との2ショットを撮って彼に渡していた)。




f0192814_22552411.jpg

喫茶店で撮影会が始まったわけだが、マナブさん、ポージングが細かい。
カメラを持つ手の位置なんて数センチ単位のオーダーが入る。
最近「写真の普遍性てどこにあるのかなあ?」などと考えていたので、ヒントになった!
写真は私のバストショットを狙っているところ。アングルのせいでそうは見えないけどね。




f0192814_22561242.jpg

「ノって来た」
と呟くマナブさんを見ると、獲物を狙う眼になっている。
その入れ込みように、若かりし頃受けたジャズのゲイリー・バートンの講義を思い出した。
蛍光灯下の雰囲気のない会議室でニコやかに講義を始めたのだが「ちょっとやってみようか」とヴィブラフォンを演奏すると目の色が変わり髪を振り乱し私たちのことは置いてけぼり・・・。
マナブさんにもゲイリーと同じく、芸術家魂を見た!




f0192814_22572057.jpg

隠し撮り風に私が撮った彼の画像を見せると、
「なあんだ、フォトブラちゃん。そっちから撮ったほうがいいじゃん。早く言ってよぉ」
と席を代わる。




f0192814_8131466.jpg

撮影が終わると、お喋り。
マナブさんの捕鯨の話になる。
捕鯨問題に興味を持つ彼は今回の来日でわざわざ捕鯨の町まで取材に行ったという。
彼の住むオーストラリアは反捕鯨の国。
「反捕鯨運動なんて感情的なものでしょ。だったら、子牛を食べるほうがよっぽど残酷だ」
と彼を煽ると、冷静にそうではない由を教えてくれた。
日本で報道されるように反捕鯨運動家は感情的ではなく、論理的思考で運動をしているらしい。
捕鯨問題に絡むマナブさんの日本とオーストラリアを結ぶ壮大な計画も話してくれ、私がその素晴らしさに「それいい!テレビ局来るよ!」というと「ほんと?」と彼は目を輝かせた。
成功祈る!




f0192814_237264.jpg

別れの時間が迫ったので、持ってきたマナブさんの写真の載った「週刊文春」を鞄から取り出すと、大喜びで「イエーイ!」・・・。
というのは嘘で、「いいよ、いいよぉ」と照れまくる彼を宥めすかし撮ったのがこの写真。といってもノッてしまうのが彼のいいところ。
私の写真が掲載された週刊誌も見てもらう。




f0192814_2375894.jpg

2時間半の短い再会だったが、笑いからシリアス、失敗カフェラテから環境問題まで、ジェットコースターのように楽しくも密度の濃い時間で、別れ際、思わず私は彼に、
「インテリジェンスがあって元気のある人と話すのは楽しいなあ」
と2度も呟いたのであった。
今それに付け加えるマナブさんのイメージがあったとしたら、
「明るくて、やさしい」
かな。


と、ここまで褒めれば写真早く送ってくれることだろう。


Photobra@私の写真が彼のハードディスクの中で眠ったままになるのが怖い


f0192814_23103657.jpg


タスマニアで生きる人たち
ゴッドハンド ~テキストあり~│photobra7(前回会ったときの記事)
フォトログは芸術だ! ~「タスマニアで生きる人たち」~│Photobra Blog(交流のきっかけとなった私の記事)
タスマニアからの来訪者│ワルテルとソーラと小説家(必読!マナブさんの爆笑エピソード!)
[PR]
by photobra7 | 2009-03-31 23:38 | 魁!男塾 | Comments(7)

アリーナ

f0192814_20345841.jpg

[PR]
by Photobra7 | 2009-03-30 20:36 | 夢の中へ | Comments(0)

フォトロガーのアイドルを撮る

桜の様子を見に近くの川へ行ったら、土手に人が集まってカワセミを見ていた。
もっと離れた所がカワセミの撮影スポットになっていることは知っていたが、まさかこんな近くに!
すぐ望遠を家に取りに帰り、念願の初カワセミ!


f0192814_1430135.jpg

[PR]
by photobra7 | 2009-03-29 19:26 | ココニイル | Comments(0)

定額給付金の申請書が届いた

あの国会の騒ぎは何の意味が・・・。
どうせなら金額アップで麻生に詰め寄って欲しかった。
使えない野党だぜ、まったく。


f0192814_20544917.jpg

[PR]
by photobra7 | 2009-03-28 20:55 | いい日旅立ち | Comments(0)

驚愕する女の子

f0192814_20164026.jpg

[PR]
by photobra7 | 2009-03-27 20:17 | 電写 | Comments(0)

1年半かけてわかったD300の使用法!

私のD300、先日誤ってカードを横方向にして押し込んだら、本体のピンが折れた。
ニコンのサイトで修理を見積もると、約3万!
「D300てほんと信用できる道具だわい」
と発売前日に購入後1年半、故障、トラブル無しで仕事にプライベートにレリーズ二桁近くになってこの機械の完成度に満足していた矢先の出来事。

プライベートくらいコンデジでもいいものを、つい高感度の性能の良さにこればかり持ち出してしまう。大きさ重さから来る煩わしさもいとわない。
増してや高感度性能に劣るサブ1眼など触る気にもなれない。低感度の描写にいくら満足していても・・・。

最近になってD300のキモが分かった気がする。
1つはピクチャーコントロール。ピクコン。
この設定で絵が全く変わる。
それを痛感する今では撮影後にピクコンの変更が出来ないJPG撮影が怖い。プライベートでは100%RAW撮りになった。

もうひとつがアクティブDライティング。
購入直後からこの機能のすごさを前ブログで伝えたが、今でもすごいと思う。
暗所を持ち上げても不自然な絵にならないのがすごい。
コントラストの強いシーンでは、カメラは人間の目にはるかに及ばず写しとった画像は現実とかけ離れているが、ADライティングで撮るとたまに現実の景色と全く同じ景色がカメラの液晶に映り驚愕することがある。

ただ、この機能、気を付けなければならないのが「弱」の設定。ニコンの純正RAW現像ソフトの「NX」や「NX2」のNX系でADライティングの設定を変更してみるとわかるが、被写体によっては「弱」にすると、「切る」よりコントラストが強くなる場合がある。これはADライティングの機能と正反対の作用なので「弱」は鬼門にすることをお勧めする。「標準」「強」でそうなることはない。当たり前だが。

上のD300のキモ2点。
既存のソフトでも近いことが出来そうだが、手間がちがう。
トーンカーブ、彩度、コントラスト、シャープ、など1枚1枚いじると相当な手間だが、RAWで撮りNX系のソフトで「ピクコン」と「ADライティング」を利用するとそれがクリックだけで可能だ。
まるでメーカーが変わった以上にちがいのある絵をいく通りもいとも簡単に作れるし、それによる「画質低下」などのデメリットも見当たらない。
残念なのが、カメラでこの設定をいじろうとすればメニューに潜り込まなけらばならず、またスクロールしなければたどり着けない優先順位の低い場所に設定画面が置かれているということ。

ともあれ私はもう、RAW撮りでNX系ソフトを使い「ピクコン」「ADライティング」をいじる容易さと、そこから得られる絵のクオリティの高さから抜け出せないだろう。

では、仕事でJPG指定されRAWが使えない場合などはどうするかというと、WB、露出はもちろんだが「ピクコン」「ADライティング」も徹底的に追い込むようにしている。
花や草などは「ビビッド」にする場合が多い。現実の彩度に近くなるからだ。
迷ったらピクコンを「スタンダード」、ADライティングを「標準」にする。
またこの設定がもっともD300らしい絵だとも思う。
この場合の注意点は決してADライティングを「切る」にしないことだ。
切ると一転してスタンダードは「暗所が真っ黒になる」というとんでもなくアクの強い絵を叩き出して撮影者の度肝を抜く。

以上の点を理解しなければD300は気難しいカメラとなり、逆に理解していればピンチに強い良き道具となる。

で、以下の画像はもちろんD300のものではない。
壊れたからな(大泣き)


f0192814_4452723.jpg

[PR]
by photobra7 | 2009-03-26 04:54 | コクる | Comments(2)

WBCの華は

というより私的なMVPは内山です。
あの顔・・・・負ける気がしない。
侍です。


f0192814_2337186.jpg

[PR]
by photobra7 | 2009-03-24 23:37 | ココニイル | Comments(0)

花*花 ~祝!JPS展入選~

私を新宿鮫と呼ぶ親交のあるフォトロガー「Bluesが聞こえるような写真が撮りたくて・・・」のKashinさんがJPS展に入選しました!

親分、おめでとう!

親分のブログで、親分が地元の写真家集団の中で厳しい指導を受けながら切磋琢磨している様子が伝えられている。
地道に時間をかけ自分の能力を高めていってる人って、ほんと素晴らしい!
逆に「自分が楽しければいい」なんて豪語してる人はアマチュアでも好きくない!
趣味といえど芸事に携わる人は、その芸を人に見てもらうべき。
そして、自分が楽しむだけでなく、受け手も楽しめるように少しは考え努力すべき。
それは、表現者としてのスピリット以前に、人として当たり前に持ってしかるべき親切心。
そんな心を持った人だけが、コンテストで評価されると思う。

親分のブログを見ていたら、努力を惜しむ気配はないので、今後も楽しみ!
受賞作は日本各地を巡回するそうなので、近くの人は観に行かれてはどうでしょう。
私は5月の東京都写真美術館に行きます!


入選についての記事│Bluesが聞こえるような写真が撮りたくて・・・
エロティシズムから来る圧倒的な迫力にびっくらこいた作品(一番下の2枚)│Bluesが聞こえるような写真が撮りたくて・・・


※タイトルは近々復活する昔一緒にライブしたこともある音楽チームの名から。



Photobra@エラそうなこと言ってるけどまだまだコバンザメクラス(泣)


f0192814_5193478.jpg

[PR]
by photobra7 | 2009-03-24 05:21 | コクる | Comments(2)

マスクマン

f0192814_6514356.jpg

[PR]
by photobra7 | 2009-03-22 18:49 | いい日旅立ち | Comments(2)

家電の城

f0192814_1114371.jpg














[PR]
by photobra7 | 2009-03-22 11:13 | いい日旅立ち | Comments(0)