フォトブラセブン,photobra7,ふぉとぶらせぶん,フォトブラ,photobra,ふぉとぶら


<   2009年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

土門拳記念館訪問記 ~画像27枚と共に~


10月のことだが、近くで撮影の仕事があったので、この機会にと土門拳記念館(酒田市写真展示館)へ行ってきた。



1
f0192814_1961640.jpg





土門拳はいわずと知れた日本写真界きっての巨匠。
彼の功績を称え彼の故郷山形県酒田市に建てられたのがこの記念館である。
インフォメーションには「日本最初の写真専門の美術館」「個人の写真記念館としては世界でも唯一のもの」「土門拳の全作品 約70,000点を収蔵」と書かれてある。
建物は自然公園の中の大きな池の側に建っている。
この日は晴天だったので、緑と水に囲まれた記念館が見えると清清しい気持ちになった。




2
f0192814_1962658.jpg






3
f0192814_1965616.jpg






420円を払い20キロ近い撮影機材をフロントに預けて記念館に入ると「日本の自画像 写真が描く戦後 1945-1961」なる特別展が広いスペースで開催されていた(この記事アップ現在、終了しました)。
すぐに土門拳の作品が現れると思っていたので肩透かしを食らった。




4
f0192814_197870.jpg






5
f0192814_1971668.jpg






6
f0192814_1972820.jpg






7
f0192814_1973982.jpg






8
f0192814_1975017.jpg






9
f0192814_198164.jpg







終戦後の日本を捉えた写真家は、石本泰博、川田喜久治、木村伊兵衛、田沼武能、東松照明、土門拳、長野重一、奈良原一高、濱谷浩、林忠彦、細江英公。






10
f0192814_1981657.jpg






11
f0192814_1982691.jpg







どの写真家の作品がどうというより、写真群全体から異様な迫力が漂う。
くたびれた軍服を着た帰還兵。
街で生きる埃まみれの戦争孤児たち。
進駐軍兵士と腕を組む若い日本女性・・・・。






12
f0192814_198395.jpg






13
f0192814_1985040.jpg






14
f0192814_199322.jpg







そんな写真を前にして考える。

「この時代に写真を撮ったら、誰でも迫力ある写真が撮れるのではないか」
「しかし待てよ。やけに整理された構図だ。写真家のレベルが高いのではないか」

そして今思うのが、

「被写体、写真家を含め、時代が生んだ作品」

ということだ。
芸術作品は「時代」が作品に憑依すると異様な迫力を放つ。
音楽でいえばビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」、マイルス・デイビスの「ビッチェズ・ブリュー」。
単純明快な時代から複雑怪奇な時代への人類レベルの大きな変換期に現れ、見事にその時代が憑依した神がかり的アルバムだ。





15
f0192814_1991984.jpg








16
f0192814_199367.jpg







奥に進むと、ひっそりと土門拳記念室が現れた。
「やっと土門拳の作品に浸れる」
と思い中に入ると、展示品の少なさと簡素な展示の仕方にまたもや肩透かし。






17
f0192814_1994999.jpg








18
f0192814_1910543.jpg






土門拳。
一度に多くの作品に触れるのは初めてだ。
それまでは好きでも嫌いでもなく「へえ、巨匠なんだあ」といった極めて写真に興味のない一般人レベルの感想と興味しか持ち合わさなかった。
そして記念室で彼の写真群を見終えた後も、そしてこれを書いている今もその感想は変わらない。
これは、決して彼を評価していないわけではなく、一言で言えば、
「今の私には関係ない」
ということだ。






19
f0192814_19101872.jpg






20
f0192814_1910312.jpg






若い頃から「これこそ日本の美」と個人的に決めたものが3点ある。


富士山。
ゼロ戦。
王の打撃フォーム。


奇想天外な組み合わせだが、別に奇をてらったわけではない。
この三つには共通するものがあるのだ。
それは、



シンプル、ビューティフル。



まざりっ気のない美。
無駄のない美。
しかし、私とは関係の無い美・・・・。
土門拳にもそれを感じる。



21
f0192814_19104679.jpg






22
f0192814_1911041.jpg





ゼロ戦は第二次世界大戦開戦当初、世界水準のはるか上をいった傑作戦闘機なのだが、時を同じくしてイギリスにも名機が現れていた。
それがスーパーマリン・スピットファイア。
ナチスの手から本土を守ったと讃えらるイギリスの守り神だ。

世界のホームラン王・王貞治と比較できる打者は極めて少ないが、その中の一人に王を抜く史上最多の三冠王三回を取った現中日監督の落合博満がいる。






23
f0192814_19111473.jpg




実は、スピットファイアのデザイン、落合の打撃フォームが大好きだ。
両者に共通するのが、人間臭さ。
スピットファイアには「優雅であれ」とする設計者の想いが、無駄を排除しなければならない戦闘機設計にあってどうしようもなく噴出してしまっている。
落合のフォームは人間臭い。これは例えば高校時代に野球部に馴染めず殆ど野球から遠ざかっていたというエピソードに象徴される彼の途方もなくアウトローな生き方が現れているのではないか。





24
f0192814_19112976.jpg





ここで何を言いたいかというと、私は無駄を排除した表現が苦手で、どこからか人間臭さが漂う表現が好きだ、ということである。
土門拳の作品には「富士山、ゼロ戦、王の打撃フォーム」に共通したものを感じ、距離を置いてしまうのだ。

富士山?
さすがに人間臭い形の山なんて知らない。






25
f0192814_19114451.jpg









26
f0192814_191202.jpg








最後に触れて置きたいのが、建物。
画像でご覧のとうり、外観も内部もかなりユニークだ。
いかにも現代建築という作りだが、その手の建築物にありがちな人を拒絶する冷たい雰囲気のないところが気に入った。
スタッフの話によると「建築関係の人が度たび見学に訪れる」とのこと。

建物が綺麗なので築が浅いのかと思ったらそうではなかった。
1983年築。
管理が行き届いているのだろう。
スタッフの対応の良さからもそれが窺えた。
写真に興味がある方は、近くに来たさいはぜひこの土門拳記念館に足を伸ばされることをお勧めする。









27
f0192814_19124953.jpg









土門拳記念館ホームページ




腰痛(重度)見舞いのクリックお願いします。痛いよ~(泣)

人気ブログランキングへ


[PR]
by Photobra7 | 2009-11-30 19:17 | 写真展 | Comments(7)

我が名はたわちゃん




f0192814_17492347.jpg





一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2009-11-28 21:06 | きっとキャット | Comments(4)

シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォー



今年も届いた、シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォー。
ブログ「生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく」のkeicoさんから。
このボージョレの輸入をしておられるご本人のブログによると、土壌と日当たりのよい畑で有機栽培で育てられた45~60年の葡萄の木から作られる最高のボージョレヌーヴォーとのこと。
今年のボージョレは「50年に一度の出来」という話もあり、楽しみにして味わったら、

「うまい!」

濃厚でいつまでも舌に残る味。
これまでのシャトー・ドゥ・ピゼイより美味しい気がする。
keicoさん、ありがとう!
幸せな気分になれました!

このワインへのkeicoさんのこだわりは末尾のリンクから。







f0192814_20493291.jpg












f0192814_20494878.jpg










生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく : 水谷八重子さんは酒の神バッカスを演じたのでしょうか


一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2009-11-26 20:50 | ココニイル | Comments(3)

疲れたよ

週末、公私合わせて2千カット。
疲れた~。
下半身ガタガタ。
仕事で撮った画像をセレクトし、がく~っ。
修行足りなさすぎ。
「写真のない世界へ行きたい~」と悩みつつ、ブログを更新。
なんで?





f0192814_20514231.jpg







一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Photobra7 | 2009-11-25 20:51 | きっとキャット | Comments(4)

デジ1で初めて撮ったポートレイト

4年前。買ったばかりの1眼で・・・・。
ていうか生まれて初めて撮ったポートレイト。
けっこううまく撮れたと思うんだけど、どう?






f0192814_22493531.jpg









一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Photobra7 | 2009-11-24 22:49 | プレイバックPart2 | Comments(10)

猫大好き!!凸印の携帯電話ホルダー

拝啓、凸君へ


いつぞやは携帯電話ホルダー、ありがとう!
今月から小さい携帯に換えたので、ホルダー使えるようになりました。

「これって便利なのかなあ」
と疑心暗鬼で使い始めたのだけど、意外や(失礼!)便利!!
上着やバッグのポケットだと知らずの内に携帯が手から遠ざかることがあるけど、これをパンツに装着すればいつも一緒!忘れることがありません!
あと、座ったりしても口が勝手に上を向くので、携帯を取りやすい!

これから使わせてもらいます!
革が馴染んでいくのが楽しみ!

これだけじゃなく、いろいろお世話になって本当は何かでお返ししたいけど、カメラマンなってから極貧生活が続いてるの(泣)
とりあえず、この画像が、せめてものお礼てことで。
メールで元画像送りますね。



10年来の友へ




Bravo




追伸
あ、そうそう。
新型インフル・・・・お大事に。







f0192814_23174125.jpg










f0192814_23175241.jpg







一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Photobra7 | 2009-11-21 23:18 | コクる | Comments(4)

rikijiさん退院おめでとう!!





rikijiさんこれからもタイヘンだろうけど、応援してます。



だって、これまで私のブログをず~っと、長きにわたり応援してくれたんだもん。



ブログで知り合い、ブログで培った友情からの、ブログからの退院祝いです。










f0192814_2353286.jpg








皆さんもrikijiさんの記事にお花の応援トラックバックよろしくお願いします。


生活の柄アドレス

[PR]
by Photobra7 | 2009-11-18 23:57 | コクる | Comments(6)

「どっちの画像ショー」まとめ


前回記事の「どっちの画像ショー」思いのほか多数のアンケートの回答下さいました。
この場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

今日一杯の締め切りで、現在22時半の段階で、
画像1 17
画像2 19
画像3 12

予想とちがい接戦。
コメントにも感じ方のちがいが現れ、非常に興味深く、今後の画像加工の参考になりました。

追加記事を書く気はなかったけど、感謝の印に参考になればと、画像を解説し、アンケート結果を反映した新画像とカメラで撮ったままのJPG画像(縮小とシャープのみ)をアップします。
全て画像は同じもので、ソフトでの加工法がちがいます。





画像1
f0192814_13553124.jpg

3は暗いという理由だけで、2は緑が嘘っぽい。1ですかね。 (男性/30代/広島)
雲がいい感じになっている。基本的に暗めの写真が好きなのです。 (男性/40代/東京)
雲の重たい色が主張していて、かつ、ここにこの写真の主題がおかれていると感じたので。 (男性/40代/東京)


実は後日アップする記事の画像の1枚だった。
ソフトはニコンキャプチャーNX(Capture NX)。
30枚におよぶ画像の1枚なのであまり手をかけらなかった。
正直低スペックPCで1枚1枚現像していくのはつらい。

元画像(すぐ下の画像がそれです)はメリハリのないインパクトに欠ける画像なのでNX系の独自機能「カラーコントロールポイント」で4箇所を修正。
空左、空真ん中、空右、池。
空3点は「明るさ」「コントラスト」をいじり、なぜか赤が被っている箇所があったのでスライダーで赤を落とした。
池は、青を加える加工をした。
これだけで、ぐっとメリハリが出る。
加工の基本方針は、私のいつもの「実際より逸脱していない範囲」。
参考までに、撮影場所は山形である。


元画像(カメラで撮ったままを縮小、シャープ)
f0192814_2271634.jpg



ちなみに今回のアンケートに使った画像は「コントロールポイント」だけで変化を付けた。
この他のソフトにはない機能を簡単に解説すると、ポイントを置いた一点の色を拾い、その色のついた被写体だけを加工できる機能だ。
例えばこの場合雲の白い部分に置いてスライダーを操作すれば、雲の白い部分がいっせいに変化する。
フォトショップなら選択したりレイヤーを重ねなければならず面倒くさいが、これなら一発で出来る。直感的な機能なので覚えるのも簡単。
ただ、コントールする範囲を調節できるのだが、あまり広範囲を一括してやろうとすると無理が出るので、その場合、何箇所かに分けて同じような処理をする。
それで、空が三箇所に分かれたわけだ。

なお、コントロールポイント意外では、WB、露出、ピクチャーコントロールの見直しを行ったが、これは私が全画像に施す基本操作。もちろん、設定を変えてみたものの、撮った時の設定がベストだったという場合もある。
縮小のさいシャープをかけるのもセオリーどおり。
今回の場合、それらの設定は同一。






画像3
f0192814_13565198.jpg

雲が非常に美しい。普通なら緑が綺麗な2だと思うがこの写真の主役は雲だと感じた。 (男性/30代/神奈川)
こちらが一番、非日常的な空間という感じで好きです (男性/40代/東京)
うちの古い方のモニタだと2の方がきれいだけど新しい方なら3の方がきれいな色ですね。 (男性/40代/兵庫)

2を飛ばし3。
実は1の次にこれを作成した。

1が完成し、ニコンキャプチャNXの画面を見ながら「劇的な変化を付ける加工ないかなあ」と考え「カラーコントロールポイント」でいじろうとしたら、一瞬で劇的に変化したのがこの画像。
「え?なんで??」
と思い、手元を見ると、操作ミスをしていた。
「カラーコントロールポイント」を選択したつもりが「ブラックコントロールポイント」を選択してしまっていたのである。
「ブラックコントロールポイント」は画像の暗いところに置いて暗部を引き締めるためにあるのだが(暗部のコントラストが強まる)、私は間違って暗くないところ、緑の上に置いてしまったのだ。
で、出てきたのがこの画像。
「これ!これ!」
と、ちょっと感激した。

芸術はちょっとした偶然から思いがけない効果が生まれるケースがあるが、画像ソフトではそれがほとんど起こらなかった。
いつも「想定内の劇的変化」なのである。
この「ブラックコントロールポイントをでたらめに置く」ていう加工、他の画像でも試したが、けっこう面白い。
このソフトを持っていない方もニコンキャプチャNX(今ならNX2)のお試し版をDLして遊んでみて下さい。
他メーカーの画像でもこの機能は使えるはず。JPGも加工できるしね。
でも、ほんとうはこの裏技は秘密にしておきたかった・・・・。

感情が高ぶったままブログにアップしたせいか、草の根元が所々赤く変化してしまっている。
これは現実には全くない色身なので失敗。我ながらそそっかしい。






画像2
f0192814_13555869.jpg

いろいろと、あるのですね。私は、明るい画面がすきです~ (女性/60代/宮城)
緑の綺麗さで2にしました。3のタクマサンっぽい感じも好きなんですが、自分には少し暗すぎました。 (男性/30代/熊本)
3番もいいですけど、どちらかと言われたら、2番ですね。 (男性/50代/神奈川)
空と水面にメリハリがあっていいとおもいました (無記名)


画像2を終え、調子に乗って画像1を元に短時間で加工した(1分以内?)
木々左、木々真ん中、木々左の三箇所を「カラーコントロールポイント」で明るくした。
今見るとやり過ぎな感じ。
山形が熱帯地方になってしまった。
しかし、ソフトでそれが出来てしまう・・・恐ろしい。





画像4(NEW)
f0192814_22175392.jpg


今回新たに画像1を修正した。
アンケートでは結果にそれ程ばらつきが無かったので、1から3の良いとこ取りをしたつもり。
「カラーコントロールポイント」を追加し15箇所になった。
気合を入れた画像はこれくらいいじるが、なに、そう手間のかかることではない。それがキャプチャーNX系のすごさ。
フォトショで15箇所選択して加工するとなると卒倒するかも。

この画像を今回のベスト加工としたい。
上の画像2に似ているが、雲の描写の細かさと、水面のコントラストの強さに注目して頂きたい。

加工の方針は「ドラマチックに。しかし現実にありそうな風景」。
空、池共にコントラストを上げる方向でスライダーを動かした。
「画像全体のコントラストを上げればいいのでは?」
という声が聞こえてきそうなので、やってみたが、やはりいい結果は得られなかった。
以下は「カラーコントロールポイント」を使わず、全体のコントラストだけを上げた画像である。

画像コントラスト大
f0192814_2281130.jpg


雲の立体感や池の反射は増したが、木々が黒く落ち込んでしまった。
今の私のコントラストの使い方は、最後の微調整くらいになっている。

ちなみに最近のニコンの1眼に常備されている「ピクチャーコントロール」の「スタンダード」「ビビッド」はコントラストが強すぎて常用は難しい。暗い箇所が極端に暗くなり、まるで黒つぶれのようになってしまう。「ビビッド」はまだしも標準という意味の「スタンダード」でこの設定は首をひねらざる終えない。D300の初期設定が「スタンダード」なので始めての撮影ではあまりにも暗部の真っ暗さ(階調がない)に驚いた。
「ニュートラル」という設定もあるが、これは極端にコントラストがなくなり、素材丸出しの絵になってそのままでは使いづらい。
よって、基本の「ピクチャーコントロール」はカスタムで独自のものを作るに限る。「スタンダード」からコントラストを2段落としたところくらいが本当のスタンダードではないだろうか。
ちなみに今回の画像は「ビビッド」を使用した。

以上でこの記事は終わりである。
読者諸氏の画像加工のさいの参考になれば幸いである。
撮影方など手の内を明かすのは得なことは何ひとつないのでやらないが、今回アンケートに多数の方が答えて下さったので調子に乗ってやってしまった(笑)
こんなこともあるので、皆様におかれては人気ブログランキング、一日一回クリック下さるとまたこんな記事書くかも知れませんよ(笑)
とはいえ、私の画像加工が稚拙なことは自分でもよくわかっていて、これからの課題でもある。

最後に。
画像なんて好きなように加工すればいいし、横木安良夫氏は「色はバーチャルなものだから、自分の好きな色にすればいいんじゃない」と語ったが、自分の好きな傾向というものがある。
私の好みでいえば、日本人はナチュラルすぎて退屈で、海外のものは加工しすぎてうそ臭い、と極端に書けばそうなる。
その中間を狙おうと現在、切磋琢磨中である。
1年後にどんな絵になっているか、我ながら楽しみである。



f0192814_23321465.jpg







どの画像が好き? - 投票(アンケート) - 人気ブログランキング



一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Photobra7 | 2009-11-18 22:47 | コクる | Comments(3)

どっちの画像ショー







どの画像がお好みですか?
末尾のアンケートフォームに入力お願いします。
コメント欄にもぜひご感想下さい。







画像1
f0192814_13553124.jpg











画像2
f0192814_13555869.jpg











画像3
f0192814_13565198.jpg
















2回目の座布団頂きました!
ありがとうございます!
月例展@白ヒゲ : 4: 東京在住のPhotobra氏







一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ



「どっちの画像ショー」まとめアップしました。




[PR]
by Photobra7 | 2009-11-16 14:01 | ?????? | Comments(7)

私的流行語大勝

ちょっと気が早いけど、2009年の私的流行語大賞発表します。
2作品あります。
まず、一作品目は。




(ドラムロールの音、ほんじゃかほんじゃか、ぱー)










SAPPORO 麦とホップ










まあ、飲んでみて下さい。
びっくりするほどうまいから。
エビスのビール(ホンモノのビールね)と比較したら、こっちのほうがうまかった!
第三のお酒なのに、サッポロ、やるな!
今までのサッポロのビール、ヘンな苦味が口に残りしょぼかったけど。
エビス・・・・落ちたな。発売当初(はるか昔)はうまかったけど。

さて、次は2位の発表です。






(ドラムロールの音、ほんじゃかほんじゃか、ぱー)











ダマリン








ン?
小さくて読めない?
読まなくていいです。

意味がわからない?
わからなくていいいです。

あ、検索しないで~~~~。


|彡 サッ





f0192814_18524617.jpg







どうでもいい画像ばかりアップしているせいか、人気急降下です。
一日一回クリックお願いします。
ランクアップすれば篠山紀信のあの件について私見を書きます。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Photobra7 | 2009-11-14 18:57 | コクる | Comments(4)