フォトブラセブン,photobra7,ふぉとぶらせぶん,フォトブラ,photobra,ふぉとぶら


<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

早すぎる2010年フォトブラ残念賞発表!




早すぎる2010年フォトブラ残念賞は・・・・
昨年フォトブラ流行語大賞を受賞したばかりの・・・・






「SAPPORO 麦とホップ」に決定!!






f0192814_8372874.jpg






ビールさえ凌駕する「第三のお酒」とは思えない美味さに、飲むたびに感嘆していたのですが・・・・
最近のモデルチェンジで糞まずくなりました。

そういえばサッポロといえば、ヱビスビールを作っているメーカーでもありますが、このビールも出始めだけ美味かった・・・・。





やるなサッポロ。





もう消費者をぬか喜びさせる貴社の商品は飲みません!!






f0192814_8415720.jpg









Photobra@とはいうものの同社のショコラブルワリーがすごく気になる・・・・

「ビール」が高級品になってしまった私に・・・・「同情するならクリックをくれ!」(懐


人気ブログランキングへ



[PR]
by photobra7 | 2010-01-28 08:55 | Comments(5)

いとしの洋楽

アラフォー世代の音楽は洋楽。
スティービーにビリーにポリスにホール&ウォーツにボウイにボスにストーンズ。
そして今リバイバルの亡きマイケル。

時は80年代、バブル。
CD屋さんいけば洋楽が幅を利かし、邦楽ブースは隅のほうで小さくなってたなんて今の若い人信じるかな。

来日すれば馬鹿高い入場料にお客はわんさかこの世の春を謳歌した洋楽人気も、貸しCD屋ボイコットをきっかけにあっという間に下火へ。
逆に貸しCD屋と手打ちをした邦楽は市場を一気に拡大。
ドリカム、サザン、ミスチル、ユーミン・・・・。
洋楽、邦楽の売れ行きが逆転。
ダブルミリオンなんて当たり前の邦楽全盛期へ。

そして90年代。
目先の金しか追わないビジネスマンに占拠された邦楽、洋楽とも新しい音楽を生み出せず、80年代以前のコピーを垂れ流すばかり。
何もかもが保守的になった世の中、革新の最後の砦ロックまでも保守的になり、大企業の犬と成り下がったまま現代へと続くのでした。
ちゃんちゃん。

あ~あ、悲しいねえ♪
悲しいね♪

by HIROMI GO






f0192814_17325725.jpg








前回アンケートの結果

どの写真が好き?
1 1件
2 2件
3 3件
4 3件
5 0件
6 1件
7 0件
8 5件

う~ん、面白い結果になりました。
私のお気にの3、7、8に票が分かれると思ったのですが、バラバラ。
それどころか7にいたっては0票と散々。3、8と同じくNX2のカラーコントロールポイントを駆使したんですけどね(汗
逆に、加工もLRで「モノクロ化、トリミング、縮小+シャープ」した程度の4が3票。
不思議なものです。

「4」 : カラタチ(ミカン科)の木と思います (男性/50代/東京)

コメントありがとうございます。
ミカンの仲間でしたか。
想像付きませんでした。
美味いのなら、シーズンに実を取りに行きます。



一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Photobra7 | 2010-01-26 18:14 | Comments(9)

川沿いの景色



01
f0192814_1521228.jpg










02
f0192814_15221688.jpg










03
f0192814_1448227.jpg










04
f0192814_14481592.jpg










05
f0192814_14483212.jpg










06
f0192814_144919.jpg










07
f0192814_1523272.jpg





















08
f0192814_1524946.jpg















4~6は同じ植物ですが、どなたか名前を教えて下さい。
一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Photobra7 | 2010-01-25 14:52 | ココニイル | Comments(4)

片付けの合間



東京都写真美術館の「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン 東洋と西洋のまなざし」展を観に行って来ました。
感想書いたらノッてしまい4000文字をオーバー。
そんな長文誰も読まない・・・・。
伊兵衛をなぜかいつもイエモンと読んでしまいます。
受付嬢にソッコー「“イヘイ”ですね」と訂正されました(恥)







f0192814_1157332.jpg









f0192814_1158147.jpg








前回アンケート結果

反捕鯨運動は正しい?
正しい 0件
間違っている 14件
わからない   4件

思ったより極端な結果になりましたね。
「他国の文化を理解しない動物愛護は、意味不明です。 (男性/40代/東京) 」
もっともです。


一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Photobra7 | 2010-01-23 12:03 | ココニイル | Comments(6)

反捕鯨は過激にお願いします ~2010年のニュースへの雑感~

依然として引っ越しの荷物を整理している。
「思い出の品」と書かれた大きな衣装ケース3箱に取り掛かっているのだが、フランスの自転車の変速機のカタログや、金髪ソフトモヒカンの自分の写真などが出て来て面白い。



久しぶりに「田中宇の国際ニュース解説」を読んだら、刺激的なことがいくつも書かれていた。

新型インフルエンザ、ヨーロッパで起訴の動きがあるらしい。
製薬会社が利益を上げる為にWHOと組んで大騒ぎにしたというのだ。

小沢事件、アメリカの陰謀説を田中氏は唱えている。
その真偽はさておき、いくら本当のこととはいえ「キリスト教より仏教が上」みたいなことをトップの政治家が言っては駄目だろう。
寝てるジャイアンを起こすようでは頼りない。
かっての自民党の大物たちが何度も失言で失敗する姿を小沢は横で見てきた筈では?

地球温暖化に懐疑的な意見。
これは田中氏、ちょっと怪しい。
南極の氷山崩壊など自然を身を持って実感している世界中のナチュラリストたちの「温暖化している」との声は全て無視なのか。
いや、専門家でなくても例えば日本でも北国の人は皆「雪が少なくなった」と言っているぞ。

田中宇のサイトを読んでいると、何が正しいか頭が混乱するが、情報を解く鍵はジャーナリスト広瀬隆の手法が最も正確なように思える。
それは、
「関係者の肩書きを調べる」
ということだ。
広瀬は皆が知りえる「肩書き」と「血縁関係」だけでこの世界を動かすシステムを暴き出した。
例えば、WHOに製薬会社の人間が潜り込んでいたら「WHOは怪しい」となる。


田中宇ネタはここまで。


日航の国による支援。
なんで日航を支援するのかさっぱりわからん。
誰かコメント欄で教えて下さい。

民主、鳩山といい小沢といい、自民の金権体質をそのまま受け継いでいる様子だ。
金に汚い人間に税金を任せていいわけがない。
民主は「自民よりマシ」といった程度か。

その自民。
75歳の青木が自党の定年を無視して参院選に立候補するという。
もうこれは、ただただ老醜に呆れ返るばかり。
自民を敗北に追いやったのは青木はじめ皺だらけの爺いたちによる老害ではないか。
みっともない。
とはいえ、反自民の私としては、ありがたいことでもある。
「権力と金」という名のフラれた女をメソメソ追いかけ自民にトドメを刺して頂きたい。

反捕鯨の連中が日本の調査船に体当たりするなど調子に乗っている。
連中よっぽどの馬鹿か、捕鯨国から金を貰っているかのどちらかだろう。
ある運動を潰すには、過激なことをやらせて世間の反感を買わせる、というのが一手だからな。

捕鯨問題は、別に問題でもなんでもなく、他人に自分の感性を一方的に押し付けるだけの愚かな行為だ。
鯨が絶滅の危機に瀕しているのならともかく、大人なら他国の食い物にケチをつけるのはどうかと思う。
現に牛や豚を食わない国々があるが、他国にそれを強制していないではないか。
感情的な問題は大声で騒いだ者が勝ち。多勢が勝ち。
理屈もヘッタくれもない。
個人的には鯨なんかより「子牛料理」を禁じて欲しい。
子供の段階で食ってしまうのは、いくらなんでも可愛そうだ。
しかし、私は反捕鯨の連中よりは大人なので声を荒げるつもりはない。



寒さに震える私の写真をアップし、厳しい寒波を伝えようと思ったら、急に暖かくなった。
写真ブログはむつかしいよ。





f0192814_13281821.jpg











テロリストじゃありません。
頭から出ているのは電波ではありません。
心配な方も一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Photobra7 | 2010-01-20 13:31 | ココニイル | Comments(4)

守る ~阪神大震災から15年~



15日のハイチ大地震には驚いた。
「死者20万人」に「え~っ」と声が出た。
未曾有うの災害といわれた阪神大震災でさえ6千人強なのに・・・。
心が痛む。



本題へ。

15年前の今日、尼崎の木造アパートに一人で住んでいて、阪神大震災の被害を受けた。
強烈な縦揺れの一撃に起こされ何がなんだか分からないままベッドに座っていると、すぐに横揺れが始まった。
ベッドは遊園地の乗り物のように揺れ、私は「あ~~~~~~~~っ」と今まであげたことのない情けない声を上げ、布団をかぶり、物が落ちて来ない方にうずくまった。
揺れが収まると、棚から落ちた荷物が部屋中に散乱し、土壁のせいで砂まみれになった床が目に入った。
ベッドの脇に落ちた重い荷物の入った一抱えほどもある大きな衣装ケースを見ながら、
「あれが頭に当っていたら大怪我だったな」
と思った。
私は奇跡的に無傷だった。

続きは文末に貼る過去記事へのリンクを参照して欲しいが、この記事で伝えたいのは、経験から得た大地震からの身の守り方。
特にいつ大地震が起きても不思議でないといわれている関東東海地方の方に読んで欲しい。




一番大切なのは、日頃から安全な建物で生活するということ。
自宅、職場共に。
もちろんそれは理想論で、地震の為に家を建て直したり会社を変えたりできないのが現実。
だが、耐震構造でない木造二階建ての一階は非常に危ない。
阪神大震災級の直撃を受けると死亡率はかなり高いと考えていい。
二階の下敷きになるからだ。
震災直後の東灘で一階がへしゃげた家屋を無数に見たし、幸い怪我人は出なかったが西宮の友人宅もそうだった。
またそんな例が数多く報道された。
家を変えるか、せめて寝室を二階に変えたほうがいい。
部屋の高いところに重量物を置かないことも大切だ。
簡単に倒壊するのでブロック塀に近づいてもならない。下敷きになって死んだ者もいる。

次に備えなければならないのは、地震の第一波を乗り越えた後どうするか(逆にいえば、第一波はなすすべがない。大きな揺れの中では、私のように頭部を守るのでせいいっぱい)。
これは平時に考えておいたほうがいい。
ポイントは、今いる建物を出たほうがいいのか、それとも中にいたほうがいいのか。
築の古い建物なら鉄筋・木造を問わず、すぐに外へ出て次の大きな揺れを回避すべきだ(幸い阪神大震災は第二波はなかった)。
耐震構造の建物なら、下手に外へ出ると落下物の危険がある。中のほうが安全というわけだ。
落下物はなにも窓ガラスや看板だけではなく、巨大なコンクリートも考えられる。
私は震災直後の神戸三宮で人の大きさほどのコンクリートの塊が壊れかかったビルから数本の鉄筋でブラブラと今にも道路に落ちそうにぶら下っているのを見た。

第一波直後の行動は、日頃考えていることを参考に、自分の考えを勇気を持って実行することだ。
「大丈夫だ」と危険な建物に残ったり、逆にパニックになって安全な建物から脱出する人たちに付き合ってはならない。
ニューヨークの911事件で警官から「もう安全だから戻りなさい」という指示に従った人たちがビル倒壊の犠牲になったケースが伝えられている。
もちろん伝えた人は「いや、それでも私は建物の外に出る」と警官の指示に従わず自分の判断を信じ生き残った少数の人たちだ。

さて、こうして生き残った後は怪我人や生き埋めになった人を救出するべきだろう。
(これを書いている今、地震があった15:06 2010/01/17)。
救急に連絡しても来なかったら、自分で助け出すべきだ。大災害で何もせず救急の手を待つのは遇の骨頂だ。
人手が足りなっかったら、周りの人に声をかけるといい。
いざとなったら助けてくれる人が多いことに気付くだろう。
私の場合がそうだった。アパートの部屋に閉じ込められた老婆を救出していたら、いつの間にかアパート住人が二人手伝ってくれた。

こうして周りが落ち着いた後は救援の手を待てばいいだろう。
問題は東京の都心で大地震に遭遇した場合だ。
火災旋風が吹く可能性がある。
大規模な火災のせいで高温の熱風が吹き荒れるのだ。
これに巻き込まれると成すすべはない。
焼かれるのみだ。
実際に14万人余りの死者を出した関東大震災で火災旋風が吹き、なんと一箇所で4万人が焼死した例が報告されている。
関東大震災の生き証人が少なくなっているからその恐ろしさがクローズアップされていないが、恐ろしさに変わりない。
なんとか火災疾風が吹く前に都心を脱出したい。

脱出のさい飛びぬけて機動的な乗り物はバイクだ。
阪神大震災の折、近くの弟の安否を迅速に確認出来たし、疎開する時も車の大渋滞をすり抜けることが出来た。
来るべき震災の為だけにバイクを所有しておくのも得策だ。




最後に。
15年たった今も「神戸」という言葉を聞いたり目にするだけで特別な想いが沸きあがる。
「長田」の文字は特に。
私は長田の焼け野原をこの目で見た。
それだけに、最近の「鉄人28号」が長田に降臨した話題は嬉しかった。
神戸の方がた、阪神大震災に被災された方がた、心のどこかでいつも応援しています。







f0192814_16202285.jpg








震災余話 あとがき(旧ブログ。膨大な私の震災関係記事のインデックス)


ハイチへの寄付(トラベルジャーナリスト寺田直子さんのブログより)



更新少ないのに、なぜか上位キープです。
いつもクリック、ありがとうございます。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Photobra7 | 2010-01-17 16:22 | 平和 | Comments(14)

たわちゃんとの休息

コメントのユニークさでは並ぶもの者がいないbernardbuffetさんからのリクエスト、たわちゃんです。
私と大の仲良しで、よくくっ付いています。
今日は昨夜の新年会の疲れから漫画読んでゴロゴロしていました。




f0192814_2237573.jpg







casual-scene(bernardbuffetさんのブログ)



上位目前です。
一押しのクリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2010-01-11 22:38 | きっとキャット | Comments(8)

あっ晴れ

今年に入ってからずっと関東は快晴続き。
そんな抜けるような空を見ながら私は連日部屋に引き蘢り、段ボールの山との格闘。
引っ越しのさい、ゴミ屋敷が出来るくらいモノを捨てたのに・・・。
なぜこの荷物の量が以前の家に収まっていたのか不思議でならない。
押し入れが異次元空間と繋がっていたのであろうか?
筒井康隆の本が段ボール箱3箱分・・・。





f0192814_7241780.jpg







メインPCまだ立ち上げていません。
臨時PCの大昔のマックでの更新作業です。
当時30万のPCが、今となっては役不足。
RAW現像さえできません。
それと、マック使いにくいです。
など、ストレスの中からの更新です。
皆様のクリックが、今の励みです。
一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2010-01-10 07:29 | ココニイル | Comments(6)

引っ越しとブルース本

年末に引っ越ししました。
しかしまだ段ボール連峰が一向に片付きません。
音楽青年、文学青年だった私に少し腹立ちを覚えました。
捨てられないんです。

ロック関係の本も多いので、近々それらの画像をアップして希望者にプレゼントしようかと考えています。
そんなアイディアが浮かぶほどなぜかロック好きが集まる当ブログですが、皆がどん引きしてコメントを控えるような過激な記事にも果敢にコメント下さる「Bluesが聞こえるような写真が撮りたくて・・・」の親分ことKashinさんにピッタリな本が発掘されました。

「ブルースの詩」

です。
ロバート・ジョンソンの頃の戦前のブルースの歌詞が多く収められています。
金を欲しがったり、女を欲しがったり、女にフラれたり、ついてなかったりしたことが、そのまんま歌詞になっています。
まだ公民権の与えられていない黒人の欲望そのままの歌詞です。
そして、それがロックのルーツです。
「私がついてるから」「夢を持って」「親への尊敬」などと小便臭い餓鬼共が歌うJ・POPの歌詞とは大違いです。ホンモノの詩です。

親分、欲しいですか?
の言葉が喉まで出かかっているのですが、止めておきます。
あまりにもいい本だから手放したくないのw
知り合いの元プロの作詞家が借りていったし。
親分自分で買ってねw

そのかわりといってはなんですが「チャック・べりー(自伝)」なんてどうですか?
脱税や女のことなど赤裸に本人自身が書いていて面白いですよ。
といってもマイルス・デイビスの自伝のスケールの大きさには(善きにつけ悪きにつけ)まったく叶いませんが。

画像アップは、まだメインのPCを立ち上げてないので臨時のPCからです。
ほとんど加工できません(泣




f0192814_215380.jpg





Bluesが聞こえるような写真が撮りたくて・・・

ブルースの詩

クリックありがとうございます。
「順位下がったので」とクリックをお願いしたら、
あっという間に上がりました。
あまりにもうれしかったので、引っ越し疲れがドッと出た身体に鞭打ち、
この記事アップしました。


人気ブログランキングへ



[PR]
by photobra7 | 2010-01-07 02:27 | ココニイル | Comments(12)

2010年の展望



タブーなし、言いたい放題の当ブログに懲りもせずにアクセスを続けて下さる皆様、新年おめでとうござます。

さて、2010年一発目の記事はどんな暗い記事にしようかと天の邪鬼な私が段ボール連峰がそびえ立つ新居でネットを開いたところ真っ先に飛び込んできたのがOB戦で132kmの速球を投げる還暦村田挑治の玉離れ寸前の画像。
参った。
腰を低く落とし肘を極限まで曲げリリースポイントを遅らせた現役投手さながらの彼のフォームを見て、132kmのスピードは元より「人間鍛練次第で年齢の壁を破れるのだなあ」と、昨年末身体の不調が続出した鍛練不足の私に強く印象に残った。
今年身体を鍛え直さなければ、エラいことになる。。。

その前兆のように、今年は便秘との格闘で始まった。
昨日、巨大な塊が肛門を塞ぎ、抜き差しならぬ状態になった。
長時間の格闘の間私は「wohooooow!!」など、洋物のポルノ女優しか上げないよう大声を何度も上げた。
肛門が便を排出しようと脳に悲鳴に近い信号を送り続けているのに、出ない。
便秘知らず下痢症の私が初めて便秘の辛さを知った。人生で1,2を争う苦痛であった。
便秘は下痢の10倍辛いです。

脂汗が滲み、一時は救急車が脳裏を過るまで追い込まれたが、同じ症状で救急車を呼んだ同居人から聞いた医者の治療法が自分でも出来ることだったので、勇気を振り絞って実行したら、あっけなく噴出。事無きを得た。
しかしその直後に参加した新年会の面々、嬉々としておせち料理に伸ばす私の手がわずか2時間前に肛門をほじっていたとまさか思うまい。うははははは。

新年から尾籠な話で申し訳ない。
さて、新年の挨拶に当たって一番言って置きたいことを書くと、
「この先人類にいいことなどない」
てことだ。
エコカーを考えればわかる。
国内だけで年に1万人もの人間を轢き殺し、製造するだけでも莫大なエネルギーを消費する自動車が「環境に優しい」という名目で大量に売れている。
本当に環境のことを考えるなら、なぜ車の総量を減らす方向へ向かわんのか。

「地球に人が住めなくなるのは嫌じゃ。しかし、わしはこの生活水準を絶対に手放さんぞ。なに、後のことはエライさんや後の時代の人間が考えてくれるじゃろう。わしゃ知らん。自動車自動車楽しいな♪自動車自動車便利だな♪人を轢き殺しても保険があ〜る♪南の島が沈もうとわしには関係ないないないない♪エコカーに買い替えたわしに文句を言うのはおかど違い。わしに文句を言うな。わしは地球のことを考えておる。うははははははははは。燃費が伸びて、嬉しいな♪エコカー減税、嬉しいな♪」

エコカーだけを取り上げても、この世は欺瞞の塊であることがわかる。

因に私はハイティーンの時に「便利だからという理由だけで車を個人が所有するのは悪」という考えにいたり、自動車の免許は持っていない。大学浪人中に親爺から「金を出すから免許を取れ」と言われたが断った。
バイクの免許を持っているが、それくらいは自分に許した(排気量も重量も車より圧倒的に少ない)。

「世の中は素晴らしいじゃないか」と明るい顔してのたまう者は馬鹿か弱者の痛みを知らぬ者である。
私はアラフォーと言われる年齢だが、歳を重ねる度に、例えばマーク・トゥエインなど晩年にペシミズムに傾向した文化人の気持ちが分かるようになって来た。
2010年もその気持ちが強くなることはあっても弱まることはないだろう。






引っ越しを終えた前居と私。

f0192814_147661.jpg









下がり過ぎてます。
元へ戻すため、いつもクリックしていない方、
一度だけのクリック願います。

人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2010-01-03 14:23 | 平和 | Comments(12)