フォトブラセブン,photobra7,ふぉとぶらせぶん,フォトブラ,photobra,ふぉとぶら


<   2012年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

絶対反対、原発再稼動!!

福井県おおい町の大飯原発が再稼動しそうな気配だ。
これが稼動すると、今月5日の全原発停止からの再稼動第1号となる。





01
f0192814_17452418.jpg

日本における反原発運動の元祖といっても過言ではないジャーナリストの広瀬隆氏。
2011年9月26日、那覇市パレット市民劇場での講演、
「福島から広がる放射能汚染の恐怖 -危険な米軍基地と原発」より。
以下4枚とも。




稼動の目的は単純。
カネ。
原発は半永久的に膨大な金がかかるシステムだ(火力発電より安いというのは嘘)。
なので、これを動かすと、原発マフィア(政治家・官僚・電力会社・大新聞系マスメディア)は電力料金や税金という名目で国民から半永久的に金を搾り取ることができる。
この膨大な金の流れからすれば、原発を稼動させたくてうずうずしているおおい町の時岡忍町長一族に流れる金(実質わいろ)など微々たるものだ。





02
f0192814_17451830.jpg

日本の食料品の基準は100ベクレルだが(今年の4月までは500ベクレル)、
ドイツの基準は子供4ベクレル、大人8ベクレル!!




電力不足?
原子力がなくても大丈夫。
何を基準に電力不足と電力会社が言い張るかというと、夏のピーク時のほんの一瞬を基準にしている。
なので、その短い時間だけ節電すればいいのだ。





03
f0192814_17451317.jpg

30年近く前に「東京に原発を!」を出版し世間に震撼させた広瀬氏。
太くはっきりとした声で話す。
ときには怒りを込めた大声で原発マフィアを糾弾した。




エアコンを止める?
あほか。
TVを止めればいい。
また放送局も、ニュース以外の放送を自粛すればいい。
エアコンよりテレビを消すほうが節電効果があるというデータを野村総研が1年前に発表したが、大新聞系マスメディアはもちろん無視。TV消されては商売あがったりだからな。





04
f0192814_1745862.jpg

チェルノブイリでは事故から10年後に子供の甲状腺がんのピークが。





福島原発事故でどれだけの人が死ぬのだろうか。
米国のジョン・ゴフマン博士によると、1ミリシーベルト/年の被曝で1万人中4人、20ミリシーベルト/年で80人が癌死するとしている。
このことから、ごく少なめに見積もっても万単位の人が死ぬだろう(個人的には世代をまたぐと数十万から数百万と予測している)。





05
f0192814_1745249.jpg

反原発の原子力研究者、小出裕章京都大学助教授。
福島事故の正確な情報を得るためには外せない人物。
講演を終え会場前で参加者の沖縄へ疎開した子連れの母親と談話。
2011年8月13日・沖縄県西原町西原図書館での講演
「放射能と子どもたち」より。
以下3枚とも。




子供は放射能に対する感受性が強いので大人より犠牲者は増える。
それに加え、幼稚園や小学校の給食で放射能汚染食品を食べさせられ続けられている現状・・・・子供たちが可愛いそうでならない。





06
f0192814_17445578.jpg

会場は満員。
沖縄へ疎開してきた子連れの母親が目立った。
講演が進むと小出氏の温かくも力強い声のせいだろうか、
涙ぐむ母親が多く見られた。




先のゴフマン博士のデータを紹介した小出氏と広瀬隆氏は口を揃え「日本にある全ての原発はいつ福島級の事故を起こしてもおかしくない」と訴えている。また「福島原発は津波ではなく震度6の地震が原因で電源喪失した」とも。
つまり、大飯原発はいつ崩壊してもおかしくないのだ。





07
f0192814_174447100.jpg

沖縄での反原発講演は、
小出氏はじめ、先ほどの広瀬隆氏、田中優氏、木下黄太氏と生で見てきたが、
カリスマという点ではこの小出氏が群を抜いていた。
参加者の母親たちの彼にすがるような想いが会場に充満し、
またそれを温かくユーモアを混ぜ受け止める小出氏。
最後には宗教家の講演のような雰囲気になった。





原発マフィアどもの贅沢な暮しを支えるために、動かさなくてもやっていける原発を、人の命を犠牲にしてまで動かす必要があるのだろうか?
福島原発事故による放射能被害から身を守るため、彼女と二人で埼玉から沖縄へ移住した経験を持つ私は、断固原発再稼動に反対する。





車の免許も取り、本格的に仕事としての写真活動を始めることにしました。
撮影依頼は、まずはメールでお気軽に御相談下さい。photobra7@gmail.com


現在9位。
念願の一桁台達成しました。
ありがとうございます!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


トラックバック

『第二のフクシマ、日本滅亡』広瀬隆著


[PR]
by photobra7 | 2012-05-31 17:52 | 平和 | Comments(2)

やんばるの海

昨日のこと。
昼飯を食べ、天気予報を見ると、昼から晴天。
取ったばかりの車の免許。
助手席にカメラ・レンズ3本を収めたショルダーバッグと三脚を乗せ、那覇を発ち北へ向かった。
高速を使い1時間半で目的地に着いた。
人のいないエメラルドグリーンの海。
見とれてしまい、時間が止まる。
沖縄に移住してよかったと心底思う。
そして、長い夏が始まった。





f0192814_14384768.jpg






本格的にここ沖縄で仕事としての写真活動を始めることにしました。
撮影依頼は、まずはメールでお気軽に御相談下さい。photobra7@gmail.com


おかげさまで、現在10位!
一日一回クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2012-05-30 00:28 | My Home 沖縄 | Comments(4)

沖縄のハイビスカス

f0192814_2302279.jpg





ハイビスカス。沖縄ではよく目にする花で珍しくもない。
しかし、沖縄らしくて好きだ。

沖縄は赤が映える。
内地(本土)で見る赤とはちがうのだ。同じ赤でも。
太陽光線の質のせいだろう。
20年前に沖縄で見たバイクの鮮やかな赤が忘れられず、バイクも車も真っ赤なものを買った。
しかし、車屋によると赤は強烈な紫外線で退色しやすく、沖縄では人気のない色だそうだ。





f0192814_9491024.jpg




ところで、このハイビスカス。
いざ撮ろうとすると、しおれたものが多い。
今日は、注文を受けハイビスカスの向こうに古民家の屋根が見える構図を捜し求めたのだけど、無理と分かった。
元気な花のついた枝を手に入れて、それを古民家にかざして撮るしかないだろう。
と思ったら、注文主から今、「もういい」と言われた。
注文主とは私の彼女のことだけど・・・・。


沖縄で本格的に仕事としての写真活動を始めることにしました。
撮影依頼は、まずはメールでお気軽に御相談下さい。photobra7@gmail.com


現在20位。
一桁台目指しますので、一日一回クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2012-05-27 23:14 | My Home 沖縄 | Comments(6)

那覇のリサイクルショップ

f0192814_2025179.jpg




リモコンが置かれている小さな台は、先日彼女がリサイクルショップで千五百円で購入したものだ。
私の知る限り、那覇市内に4店舗、本格的なリサイクルショップがある。
内地(本土)からの引越しのさい大きな家具などは、こちらで中古を買ったほうが引越代金を上乗せするより安くつく場合もあるし、実際そうしている人も多いという。
今このブログを書いているPCデスクもリサイクルショップで買った。
机と蛍光灯付の机用棚を別々に購入して計3千円ちょっとだった。
机は木製で大きく重厚な作りで新品の安価なPCデスクと比べても質感が雲泥の差で高い。
ただし、冷蔵庫、洗濯機など家電の中古は割高だ。新品を買った方がいい。

車の免許も取り、本格的に仕事としての写真活動を始めることにしました。
撮影依頼は、まずはメールでお気軽に御相談下さい。photobra7@gmail.com


現在28位。
一桁台目指しますので、一日一回クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2012-05-26 20:08 | My Home 沖縄 | Comments(2)

与那城町の海



f0192814_13361612.jpg





与那城と書いて「よなしろ」と読む。
沖縄では中城(なかぐすく)のように「城」を「ぐすく」と読む地名が多いが、そのまま「しろ」と呼ぶ場合もあるので難しい。
豊見城(とみぐすく)を私は一時「とみしろ」と読んでいた。恥ずかしい・・・。
漢字の読み方ひとつとっても、沖縄が異郷の地であることがわかる。
ここは日本のようで日本でない。

車の免許も取り、本格的に仕事としての写真活動を始めることにしました。
撮影依頼は、まずはメールでお気軽に御相談下さい。photobra7@gmail.com


昨日から再開しました。現在38位です。
以前の定位置、一桁台目指しますので、
一日一回クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2012-05-25 13:41 | My Home 沖縄 | Comments(2)

新春の宴 ~首里城のイベント~



沖縄に夏が来る。
青い空、青い海、そして数えきれないほどのイベント・・・・。
昨年、大きなものは全部見ておこうと思ったが、途中で諦めた。
それほど多い。
一夜に二件はしごをしたこともあった。
無料のイベントがほとんどなので懐にも優しい。

少し古い写真で恐縮だが、今年正月の首里城のイベントより。





01
f0192814_1224385.jpg









02
f0192814_1232626.jpg









03
f0192814_1233637.jpg









04
f0192814_1234516.jpg









05
f0192814_124223.jpg






車の免許も取り、本格的に仕事としての写真活動を始めることにしました。
撮影依頼は、まずは下記のメールでお気軽に御相談下さい。


photobra7@gmail.com


ひさしぶりにクリックお願いします(23日現在80位・・・泣)
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ




[PR]
by photobra7 | 2012-05-23 12:09 | My Home 沖縄 | Comments(2)

ネオンとナイチャー

ずっと都会で過ごしてきた私はネオンが大好きだ。
しかし、ここ那覇にはネオン街が見当たらない。
一番賑わう国際通りでさえ、大阪や東京のネオン街を見慣れた目には暗い。

夜、人口の光を浴びたい。
そんな欲求を満たしたい時は、沖縄の最大手スーパー・サンエーの巨大ショッピングモールへ車で行く。
我が家の行動圏内だけでも3店舗ある。
明るく、通路も広い店内をぶらぶらウィンドウショッピングをしているとネオン街を歩く代わりに少しはなるみたいだ。

一番近い店舗へはあまり行かない。
周囲の渋滞を嫌ってという事情もあるが、ナイチャー(移住した人も含む本土の人)が多いことも大きい。
思いつめたような神経質な表情を浮かべ、ギスギスした雰囲気を撒き散らし、すれ違うさいにも道を譲らず、我が物顔で店内をのし歩くナイチャーたち・・・。
東京では見慣れた風景だが、ここ沖縄でそんな異常な世界にわざわざ入っていく必要はない。
のんびりと穏やかに過ごしたい。

昨日、高校卒業後ずっと関東で暮らし、50歳手前の今になって故郷へ帰ってきたウチナー(沖縄人)と話していて「1年住んで、沖縄をどう思う?」と聞かれたので、「都会の人は冷たい。沖縄の人は温かい。もう内地の都会には住みたくない」と言うと、「あなたは沖縄に合ってますよ」と言われた。

人生において何に重きを置くかで、沖縄の捉え方はちがって来ると思う。
沖縄へ移住したナイチャーと同じ数のナイチャーが毎年内地へ帰っていく、という話を聞いた。





f0192814_16594151.jpg

沖縄ワールドにて

[PR]
by photobra7 | 2012-05-21 17:01 | My Home 沖縄 | Comments(0)

沖縄は雨の国?

沖縄に住んでも、内地(本土)にいる時の沖縄の印象「青い空、青い海、思いやり溢れる人の心」はそのままだが、1年たつとそれに「雨」が加わった。




f0192814_14324473.jpg
沖縄最北端・辺戸岬




その雨とは、2種類。
晴れた日に急に降るスコール。
どんなに晴れた日でも安心できない。
いつの間にか濃い灰色の雲が近づいて、ザーッ。

ウチナー(沖縄人)が傘をささないことにも驚く。
学生なんて男も女も制服をずぶ濡れにしながら平気で歩いている。
因みに車社会の沖縄では大人はあまり歩かない。

もう一つの雨は、普通に降り続く雨。
とにかくこの1年、雨ばかりであった。

昨年の5月は梅雨でずっと雨。
10月末から12月にかけては異常気象でずっと雨(丸々一日晴れた日は数日しかなかったのではないか)。
今年の1月から2月は例年通りの雨(ウチナーによれば冬は雨が多いとのこと)。
3月頃からか、雨は少なくなったが曇りが多くいつ雨が降るか分からない天候。
5月に入って、やっとスカッとした青空を見れる日がボチボチでてきた。
ようするにこの半年、晴天が一日続いた日は数える程しかなかったわけだ。
感覚的にいえば「10日もあったかな」という印象だ。

異常気象もあったとはいえ、特に10月末から2月にかけて4ヶ月間降り続いたことには驚いた。
青い空と青い海をとったら他には大型スーパーでのショッピングと酒しか楽しみのないような沖縄では、これは苦痛だった。
娯楽の多い内地の都市部だったらまだ我慢できたかも知れない。

1年住んでみて、沖縄の夏に行われる異常なまでの祭りやイベントの多さが分かった気がする。
夏で雨季に引きこもっていた分を取り戻そうとしているのではないだろうか。
夏が恋しい。
[PR]
by photobra7 | 2012-05-15 14:34 | My Home 沖縄 | Comments(0)

ベクレルゼロのソーメン

f0192814_22443158.jpg



せっかく放射能汚染を逃れ沖縄へやって来たんだ。
汚染された食料を食べてしまっては元も子もない。
ということで、私たち原発疎開者は皆、食材には相当気を使っている。

今回私が作ったこのソーメンもそう。
麺、ピーマンは沖縄産。
鶏のハムは九州産の肉、自家製塩麹使用の彼女特製品。
トマトは我が家のベランダで取れたもの。
画像にはないが、麺つゆも、汚染のない材料を吟味した自家製。

最近では食パンもホームベーカリーで九州産の粉を使用して焼くようになった。
焼いた直後は市販のどの商品よりうまい(数日たつとボソボソになるが・・・)。

汚染を恐れ食材にこだわった結果、意外にも食卓が豊かになり、楽しくなった。
しかし、それは県産海外食材が豊富にあり、東日本産を選ぶ必要のないここ沖縄だから可能なのかも知れない。
茨城産、千葉産、群馬産・・・汚染された食料に取り囲まれた関東なら安全な食料を探すための労力で、心身共に疲弊してしまっていただろう。

「な~に、気にしすぎだ(笑)」
と私を馬鹿にする人は世界中で日本産(或いは東日本産)の食料に対しどれだけの国が輸入禁止措置を取っているか調べてみるといい。
放射能で汚染された食料を「うまいうまい」と貪り食ってる国は、現在過去未来において日本だけだろう。
馬鹿の極みだ。
[PR]
by photobra7 | 2012-05-12 22:39 | My Home 沖縄 | Comments(3)

ソファーでくつろぐミーと我輩

f0192814_21474122.jpg



久しぶりにスカッとする記事。
小沢氏喚問を叫ぶ石原・町村・江田各氏の「政治とカネ」問題

More
[PR]
by photobra7 | 2012-05-11 21:42 | きっとキャット | Comments(0)