フォトブラセブン,photobra7,ふぉとぶらせぶん,フォトブラ,photobra,ふぉとぶら


タグ:乗り物 ( 25 ) タグの人気記事

自転車とビーチ





f0192814_14101659.jpg







新しいカメラOLYMPUS STYLUS TG-625 Toughで撮ったけど、色が全然駄目でモノトーンで誤魔化した。
このカメラは画質は悪いし暗い所は苦手だしフォーカス性能も悪いしで、ハズレカメラだね。ブログでも使えないレベル。
対してそれまで使っていたSONY サイバーショット DSC-TX5は名機だったね。ブログならこれで充分じゃないかと思ったくらい画質が良かった。フォーカスもなかなか外さないし、暗所でもノイズが少ないし、動画も驚くほど綺麗だしね。
修理してまた使おうかな。

因みに私は昔からコンパクトデジカメはレンズが出ないカードタイプしか買わない。パワーオンでレンズがじこーーっとゆっくり出るのがいやなので。じっさい、そのタイプだと上の写真は撮れなかっただろうね。
あと、今ならそれにプラスして水中でも使えることが条件。
要は、一眼レフを持ち出したり、それで撮るのが苦じゃないので、一眼との差別化を徹底したいわけ。

ブログの更新は少ないですけど沖縄で生きてます。
ツイッターは頻繁に更新してるけどね。
[PR]
by photobra7 | 2013-08-19 14:20 | My Home 沖縄 | Comments(0)

大腸検査と、明日オスプレイ反対集会!



昨日大腸検査を受けてきた。



f0192814_13541925.jpg



肛門から小腸の入り口までカメラを入れる。
距離にして80cmくらいだそうだ。
痛くはなかった。
ただし内臓を弄られる強い違和感があり、臍の辺りまで来たときに呻いてしまい医者からどうしましたかと聞かれたので「痛くないし問題ないけどエイリアンが出てきそう」と言ったら看護師と一緒に笑っていた。
肛門から32cmのところに6mm大小指の先くらいのポリープが見つかったのでカメラの管を利用したメスで切除した。医者によれば4~5年かけて成長したもので、今の状態では問題ないが今後どうなるか分らないので処置しておくとのこと。
検査申込み時にポリープがあれば切除することを伝えられていたので、私も何ら驚くことはなかった。よくあることだそうだ。
切る瞬間をモニターで見ていたが、痛みは全くなかった。後で看護師に聞くとここを切っても痛みは感じないそうだ。これまで健康なあまり手術とは無縁だったので珍しいことが多い。
上の写真は術後に止血剤の入った点滴を付けるところ。点滴もはじめて。



f0192814_13542490.jpg




他には問題なかったのだが術後の経過を見るために一晩入院となった。人生初めての入院だったが手術跡からの出血もなく新しくできた総合病院ということもあり快適だった。
何人か看護師が来たのだが、その一人が美人だった。生憎、検査の為に入れたガスのせいでお腹の張りが苦しい時期だったので気の利いた雑談を交わせなかったのが心残りだ。
今朝我家に帰ってきた。



f0192814_13543069.jpg
術後の夕食。おかゆにカボチャの煮物がメイン。
リンゴが付いたのは意外だった。
やっぱり身体にいいのかなあ。青森産は放射能が怖くて食べないが。
24時間ぶりの食事ということもありうまかった(検査前18時間は絶食)。




さて、問題は体調不良だ。
今日も微熱があり頭がうつろで倦怠感がある。
脳、内臓、血液を徹底的に検査し異常なし。今回最後とばかり腸の内視鏡検査に挑んだのだが異常はなかった。
それ自体はいいことだが体調不良の原因が見つからないのは困る。




f0192814_13543559.jpg
朝食。おかゆとふの合えものがメイン。うまかった。
ふは沖縄ではよく使われる食材だ。
右上ピンクのチューブの中身は梅肉。こんなのあったんだ。
たった一晩の入院だったが、楽しみは読書と食事のみ。
長期の入院は大変だなあと思った。



6日NHKで放送された「ドクターG・ずっと熱が下がらない」を観ていたらベーチェット病という珍しい病気が自分に当て嵌まるかも知れないと思った。
さっそく検索で調べるとますますその思いが強くなった。
検査結果を伝えるだけの馬鹿医者は頼りにならない。これからは自分で体調不良の原因を探さねばならない。


f0192814_13544170.jpg
那覇市役所に掲げられた垂れ幕。
「オスプレイの配備は許さない!!」



明日は「オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会」に参加する。
さっき交通手段をどうしようかと検索をかけたら那覇市が貸切の無料バスを出したりそれに乗れない人はバス運賃が往復無料というちからの入れようを知り驚いた。
沖縄のいたるところで「オスプレイ反対」の横断幕が掲げられている。
地元にとって何の得にもならないどころか墜落する危険があるガラクタはいらない。
沖縄在住の皆さんはぜひこの集会に参加して下さい。
明日9/9日午前11:00より「宜野湾海浜公園多目的広場」にて。
詳しくは→no osprey沖縄県民大会事務局

仲井真県知事の反対集会不参加表明は残念だ。
人間の本質は外見に表れるが、この知事は目がキョロキョロとよく動く。
そのことから、自分の信念で動くのではなく、周りを見わたし自分の得になるほうへ動く人物とみた。
反対の姿勢を示しはするが渋しぶオスプレイ受入れを納得、というの彼の規定路線なのだろうな(笑)

先日オスプレイ訓練場予定地の高江にある座り込み現場で話を聞いてきた。また米軍がからむ怖い体験もしたが、それはまたいずれ。




点滴お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2012-09-08 14:15 | My Home 沖縄 | Comments(0)

大きな客船とてーげー

先月のこと。
那覇のビーチに泳ぎに行く途中、港に停泊している大きな客船が見えた。
その大きさと華麗さに圧倒され、
「こりゃ夕陽をバックに撮ったら最高だな。泳いだ帰りにまた寄ろう」
とバイクを走らせながら思った。
そして、泳いだ帰り、船へと続く桟橋へ行き、警備のおじさんに挨拶がてら船について質問した(不審者に見られない為にも撮影は声かけが大事)。
「この船、でかいですね。世界一周でもしてるんですか?」
するとおじさん。
「いあや、中国と沖縄を行き来する船だよ」
私は驚いて、
「え?こんなでかい船が?」
と言うと笑って頷き、
「九州まわって来るんだよ」
と付け足す。
いくら大きくても定期便じゃあ絵にならんなあ。それにしても大きな船だ。中国の勢いはすごいなあ。
と私はコンデジで適当に撮ってすぐに港を後にした。

それから一ヶ月たった先ほどふと思い出して写真の船に書かれた「VOYAGER OF THE SEAS」を検索にかけたら、









世界最大級の客船。


f0192814_15114788.jpg






那覇港入港が新聞に載るくらい・・・夕暮れを待って1眼で撮っときゃよかった。
それにしてもおじさん、てーげー(いい加減)。




Bravo@てーげーなので沖縄に合ってる。





撮影依頼はこちらへ。
photobra7@gmail.com


応援のクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2012-08-07 15:17 | My Home 沖縄 | Comments(2)

瀬長島の夜明け




瀬長島。
那覇空港のすぐ南にある小さな島
離陸する飛行機を間近で見れる。





01
f0192814_22204866.jpg










02
f0192814_22205482.jpg










対岸から橋がかかっていて、那覇市街から車で20分の距離ということもあり、地元民が車を海沿いに付け息抜きをする場所になっている。
島に住宅はない。








03
f0192814_2221020.jpg










かくいう私もそのひとり。
那覇に住み車を持つと、いかに「車に一人きり」というシチュエーションが大切か分かる。








04
f0192814_858203.jpg











那覇市街は住宅が密集し、大きな公園も少なく、一人を楽しめるシチュエーションが少ない。
また、外に出ると知り合いに会う確率も高い。
会うもの、と思っていたほうがいい。
まだ住んで1年しかたたない私でさえそうなのだから、ここで生まれ育った人はもっと確率は高いだろう。
「一人になりたい」と思ったら海沿いに車を止め車内に引き篭もるのが手っとり早い。








05
f0192814_8582526.jpg











夜明けのゴールデンタイムが終わったので、撮影を止めた。
車のシートに潜りこみラジオを聞きながら仮眠していると、ミャーミャーという鳴き声が聞こえてきた。








06
f0192814_22212110.jpg










車のドアを開けると、子猫が座っていた。
声をかけると、近づいてきて頬を脚や手に擦りつけミャーミャーと甘えた声で鳴く。
ひとしきり遊んだ後、車に戻りラジオを聞きながら、開けたドアから毛づくろいをする子猫を眺めていたが、目を離した隙に姿が消えていた。
車の外に出て子猫を探すと、朝日のハレーションの中をゆっくりと向こうへ歩いていく子猫を見つけた。








07
f0192814_22212727.jpg













ここ沖縄で本格的に仕事としての写真活動を始めることにしました。
撮影依頼は、まずはメールでお気軽に御相談下さい。photobra7@gmail.com


ほとんどを三脚で撮ったのに、OK写真はなぜか数少ない手撮りのみ。
なんで?
無駄な労力を使った私に哀れみの一票を・・・。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2012-07-17 22:26 | My Home 沖縄 | Comments(2)

那覇空港の写真 The photographs of Naha Airport ~見学者デッキから~



01
f0192814_15105419.jpg











02
f0192814_15123691.jpg











03
f0192814_1513870.jpg










04
f0192814_15143931.jpg










05
f0192814_15134934.jpg










06
f0192814_15132461.jpg











07
f0192814_1515242.jpg












08
f0192814_15152040.jpg













09
f0192814_15154076.jpg













10
f0192814_1516394.jpg























11
f0192814_15162237.jpg











ここ沖縄で本格的に仕事としての写真活動を始めることにしました。
撮影依頼は、まずはメールでお気軽に御相談下さい。photobra7@gmail.com


一日一回クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2012-07-15 15:18 | My Home 沖縄 | Comments(2)

ラクでしょ?~沖縄に残る昭和~

f0192814_9553573.jpg





沖縄には古い昭和がまだ生きていて、景色に変化をつけている。
このバスは昨日訪れた観光名所の残波岬で出会った。
老朽化はなはだしい店舗用に改造したバスと、その前に立てられた真新しいブルーシールアイスの看板が対照的で、現代の沖縄を表しているようでもある。

私は昨夏にバイクを購入するまでの約半年間バスをよく利用したが、ここまででないにしても、老朽化したバスによく乗った。
そんなバスに当たった時、
「昭和のテーストがいいなあ。味わいがある」
なんて私が感慨に耽っていた思いきや、大間違い。
振動が激しく、社内は埃っぽく、一度など吊革がぶら下ったパイプを持つと、手が真っ黒になり、改めてパイプを見ると上部に真っ黒な埃が厚く積もっていてウンザリした(よく考えれば埃は老朽化と関係ないが)。
また、排気ガスもひどい。
黒煙を撒き散らすので、後ろなどバイクで走れたものではない。

しかし、バスの昭和テイストは御免だが、人間の昭和テイストは大歓迎だ。
東京であれば一年に数度あるかないかの思いやりある行為に、ここ沖縄では一日に何度も出会う。
一度など、コンビニでトイレが空くのを待っていると、前の女性が私に順番を譲ってくれたことがあった。
強烈な下痢に襲われていた私を察してくれたのだろう。

内地(本土)から沖縄に定住した人、内地で暮らしまた沖縄へ帰ってきたウチナー(沖縄人)と沖縄の生活のことを話している時に「仕事見つけるのはタイヘンだ」の後に続けて何度も返ってきた言葉がある。

「でも・・・・ラクでしょ?」

はじめは意味が分からなかったが、沖縄に1年住んだ今は分かる。
そう、沖縄はラクなんだ。
ギスギスした人がほとんどいない。
逆に東京の都心なんてギスギスしたひとばかりだった。
電車内なんて弱肉強食、老若男女が席の奪い合いだ。
頻繁に電車を利用していたが、老人や妊婦に席を譲る行為など年に数える程しか見たことない。

ギスギスした人と出会わないこと、思いやりのある人たちに囲まれて生きること、これがどんなにラクなことか。
沖縄の大きな魅力のひとつだ。
[PR]
by photobra7 | 2012-04-30 12:40 | My Home 沖縄 | Comments(0)

スナップだよ全員集合!!







撮るのが怖い。









撮られるのが怖い。














へえ~~。



















f0192814_682583.jpg
















だから??









スナップだよ。スナップ!!



















f0192814_683921.jpg

















一日一回クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2010-12-26 21:20 | 電写 | Comments(14)

シート






f0192814_2215989.jpg







作った鮭のちゃんちゃん焼き食べ過ぎて苦しいなう。
テキスト書けません(汗)
一日一回クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2010-11-07 22:16 | 電写 | Comments(2)

日本最大級のクラシックカーイベント『ラ・フェスタ ミッレ ミリア 2010』を画像67枚で!!


9日、「ラ・フェスタ ミッレ ミリア 2010(La Festa Mille Miglia 2010)」が原宿でスタートを切った。
1967年までのクラシックカー113台が参加したこの大会は、明治神宮をスタートし4日かけて関東北部から東北を走行後また明治神宮に戻るラリー形式を採用している。
あいにくこの日は雨が降ったり止んだりで天候には恵まれなかったが、多くの観衆を集めていた。
その模様を画像67枚でお伝えします。



01
f0192814_831552.jpg


続きを読む
[PR]
by photobra7 | 2010-10-10 17:34 | いい日旅立ち | Comments(2)

転倒の瞬間 ~梅雨明け日記~




梅雨明けの強い日差しの中、近所を歩いた。








01 コーンとおばさん
f0192814_17465858.jpg



スーパーへ行くと、大きなコーンが倒れていた。
カメラを向けるとおばさんが歩いて来たので、咄嗟に構図を変え、彼女がいい位置に来たところでシャッターを切った。








02 Bianchi
f0192814_183172.jpg



「何で撮ったの?」
ほとんどの人はこの写真のポイントがわからないだろう。
Bianchiとは真ん中に写っているモスグリーンの自転車のメーカー。
ビアンキと読む。イタリア語だ。
中学、高校と自転車マニアだった私にとってビアンキは憧れのブランド。
50万もするロードレーサーの綺麗な写真が愛読していた「サイクルスポーツ」のピンナップを何度も飾った。
車でいえばフェラーリ。
しかし、どうしたことだろう。
最近、普通に道端で見られるようになった。
それにしても、荷台にカゴとは!!
驚きあきれ、シャッターを切った。
私の中で憧れのビアンキがママチャリに変わった瞬間だった。








03 SUZUKI GSX-R
f0192814_17475367.jpg



あん蜜屋に入って白玉入りクリームあん蜜を食べていると、店の前にバイクが止まった。
SUZUKI GSX-R。
ビアンキが自転車界のスーパーカーならこのGSX-Rはバイク界のスーパーカーだ。
20数年前のバブル絶頂期はバイク界ではレーサーレプリカブーム真っ只中。サーキットからそのまま出てきたかのようなフルカウルのバイクが街中に氾濫した。
成人した私は自転車からバイクに乗り換えたが、パワーのあるバイクには興味はなくイギリスのクラシックバイク風に改造したヤマハSRで走り回っていた。
GSX-Rはレーサーレプリカブームの一旦を担った一台で、これはその新型だ。
レーサーレプリカどころか、バイク自体が斜陽となってしまった今では珍しい存在なので撮影した。
これは余談だが、大型レーサーレプリカに乗るバイク乗りはカーブで遅い人が多く、峠の下りでは動くシケイン化していた。
そんな彼らをカーブの得意な私は1/4程度の馬力のバイクで抜いていくのだが、上りではさすがにパワーの差で後ろに付くことすら出来なかった。
GSX-Rを私たちは「ジスペケアール」と呼んでいた。








04 転倒の瞬間
f0192814_17501943.jpg




店を出てGSX-Rに向けカメラを構えると、ファインダーの中へ人の頭が真横から飛び込んできた。
びっくりしてファインダーから目を外すと、自転車に乗った男が転倒していた。
しばしあっけにとられたが、彼が起き上がったので安心したところに子供が近づき、偶然構図が整ったので、再びファインダーを覗いてシャッターを切った。
男は、帰り支度をするバイク乗りに頭を下げながら小さく「すみません」と声かけた後、自転車にまたがり去っていった。額から少し血が流れていた。
まっすぐ走っていく彼の後ろ姿を見て、また安心した。







一日一回クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2010-07-18 18:00 | ココニイル | Comments(0)