フォトブラセブン,photobra7,ふぉとぶらせぶん,フォトブラ,photobra,ふぉとぶら


科学者ええ加減にさらせ

科学者ええ加減にさらせ。
「不用意に事業の廃止、凍結を主張する方には将来、歴史の法廷に立つ覚悟ができているのか問いたい」
だと~???
どの口が言うとるんじゃわれ。
皆が金に困って、わしの周りも金どころか生きる為に必死な連中ばかりじゃ。
そんなご時世に「科学したいから予算減らすな」だと。
何たわけたこと抜かしとるんじゃ。このぼけ。
税金はわしらが働いて納めた金。
「すんません。皆がしんどいことわかってまっけど、わしら研究したいんです。どうかお金回して頂けませんでしょうか?」
このくらい腰低うしてよう言わんのかい、なにがノーベル賞じゃこのうすらトンカチ。

「歴史の法廷に立つ覚悟ができているのか」
だとお???
何をエラそうに。
片腹痛いわ。
それはそっくりそのままお前ら腐れ科学者どもに返す。
歴史の法廷に立つのは、






貴様ら科学者じゃ!!!!!!





いや、もう既に立っていて、判決も出ておる。





有罪じゃ。





わはははははははははは。
わははははははははははははははは。


お前ら科学者がいったい人間の何の役に立ったんだ?
これまで、兵器、公害、現代病、薬害、交通事故、などでどれだけの人間が世界中で死んだんだ?
全てお前らが作り出しだものだろうが。

何?
病気の治療?

はあ?
病気の原因が科学であることが多すぎる!
大気、水、食物・・・・すべてに科学物質が入り込んでおろうが。
科学が生んだ病気を科学で治してふん反りかえる。
お前ら、馬鹿か?
科学オタクに占領された脳のほんの少しでも使って「わしの科学は人のために役立っとるのか?」と自省せい!このくそまんこ野郎が。
山河荒れ果て人の精神も荒廃しきったこの世界を研究室から出てその濁りきった目玉ひん剥いて見てみろ。このうすら禿。

てめえらは、結局したいことをしとるのじゃ。
それを素直に認めんかい。
「歴史の法廷」とかたわけたことを言わず「わしらは科学がやりたいんです。わしらには科学しかないんです」と認めんかい。
人の役に立つものなら、わしの財布から恵んでやるよ。
しかし、その金で兵器とか人の体に悪いもの作ったら、ただじゃおかんからな。
覚えとけ。このあほんだら。


注1:この一文に限りコピペばら撒き歓迎(筆者)。
注2:この記事に興味をもたれた方は、ぜひコメント欄も参照下さい。













f0192814_16311728.jpg









一日一回クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


[PR]
by Photobra7 | 2009-12-01 15:57 | コクる | Comments(27)
Commented by 名無し at 2009-12-01 19:42 x
通りがかり失礼します。
日本のような小国にとって科学技術は絶対に必要不可欠です。
こういうときに一番怖いのが「自分に関係がないから」という意見です。
あなたの商売道具だって、科学技術の賜物であることを忘れてはなりません。

あなた様のブログは何度か拝見させていただいていますし、あなた様がどのような思想の持ち主かもある程度存じ上げているので、普段は「こういう考え方もありだな」と思っていたのですが
さすがに今回ばかりは、少し口が過ぎるのではないかと思い、書かせていただきました。
Commented by somashiona at 2009-12-01 20:02
なんだか怒っているようで、、、。
科学者たちの努力の成果を僕たちはたくさん享受していると思う。科学者を取材するたび、彼らのひたむきな努力には頭が下がる。もちろんいろんな科学者がいると思うけどね。少なくても、僕の友人の科学者たちがこれを読んだらガッカリすると思うけどなぁ、、、どう?
もちろん、ブラちゃんが言いたいことを言う自由はあるけどね。

話変わって、この写真、とてもいい。
戦いを待つロボット軍団みたい。
Commented by Photobra7 at 2009-12-01 21:47
>名無しさん
>日本のような小国にとって科学技術は絶対に必要不可欠です。
そうなんですか?
それは工業製品の輸出を前提とした上のことと思います。
今、世界経済は音を立てて崩れ初めています。
これまでの常識は通用しなくなります。

もちろん、私はここで科学技術が不要といってるわけではありません。
本文でも書いてあるとうり、科学者のおごりや、現代に対しての科学技術の罪の部分を猛省して欲しいと考えているのです。

ところで、ななしさん。
大事なことが抜け落ちています。

>これまで、兵器、公害、現代病、薬害、交通事故、などでどれだけの人間が世界中で死んだんだ?

これは無視していいのでしょうか?
ここを深く思考しない人類に未来はありません。
Commented by Photobra7 at 2009-12-01 22:03
>マナブさん
>なんだか怒っているようで、、、。
怒ってないですよ~。
思想ですw
怒ったフリは芸ですwww・・・・このブログに慣れているマナブさんは薄々お分かりのとうりw

>科学者たちの努力の成果を僕たちはたくさん享受していると思う。

それは私が選択した覚えは無いです。
生まれたときから押し付けられています。

それと、享受しているものは思うほど少ないです。
人間は衣食住が整っていれば生きていけます。
科学が人殺しをするものであれば私には科学はいりません。
カメラや自動車やPCがなくても平気です。
人の命や尊厳がいちばん大切だと思います。

>僕の友人の科学者たちがこれを読んだらガッカリすると思うけどなぁ、、、どう?

私はこの歳まで生きてきて、その科学者の百万倍も科学者にがっかりしています。

>これまで、兵器、公害、現代病、薬害、交通事故、などでどれだけの人間が世界中で死んだんだ?

これについて聞いてみて下さい。
たぶん私が数億倍がっかりする回答が返ってくることでしょう。
彼らはそれらについて考える訓練をしていませんから。

下につづく
Commented by Photobra7 at 2009-12-01 22:03
>マナブさん

>もちろん、ブラちゃんが言いたいことを言う自由はあるけどね。

もちろん!w
でも私みたいな表現は良くないですw

>話変わって、この写真、とてもいい。

ありがと!

>戦いを待つロボット軍団みたい

ははw
実は戦いたくても戦えないロボット軍団です。
ある地方のタクシー運転手の給与は10万円です・・・・
Commented by bernardbuffet at 2009-12-01 23:33
仕分けに端を発した記事だと思いますが、そもそも今回の仕分けは、不況による税収入減、さらにはふくらみ続ける財政赤字、これら現状をふまえて一旦金の使途を再評価して予算縮小を図ろうと異図したものであって、科学が有用かどうかという論点ではありません。
科学が有用かといえば、当然有用で、価値あるものと信じています。しかし、この逼迫した財政難の折、スパコンに金をどこまで投じるべきかという点で仕分けの判断がなされたというべきでしょう。それは決して科学を否定するものではなく、苦しい今は涙を飲んでという止むに止まれぬ決断と考えるのが妥当ではないかと思います。その意を汲まずして科学こそ云々という論調を展開した科学者の行動は、集団としての意見具申という意味では半ば諾とするものの、価値観を押しつける言い方には些か不快感を覚えました。加えてノーベル賞受賞者という権威を背後に背負っての発言には鼻白む嫌悪感を禁じ得ません。(続く)
Commented by bernardbuffet at 2009-12-01 23:33
(続き)
本来の財源配分という点の議論に対してではなく、後者の見方によっては横柄とも受け取れる科学者に発言に対して意義を唱えたというのがphotobraさんの意図するとことかと思います。猶、私の個人視点に立てば、私の意見は科学者と同じです。しかし上述のとおり、状況を踏まえてた段での対応とすると、その発言の意や由とする言説には肯んじかねるという次第です。
Commented by Photobra7 at 2009-12-02 00:57
>bernardbuffetさん
>苦しい今は涙を飲んでという止むに止まれぬ決断と考えるのが妥当ではないかと思います。その意を汲まずして科学こそ云々という論調を展開した科学者の行動は、集団としての意見具申という意味では半ば諾とするものの、価値観を押しつける言い方には些か不快感を覚えました。

そのことが、私の今回の起爆剤となりましたw

>本来の財源配分という点の議論に対してではなく、後者の見方によっては横柄とも受け取れる科学者に発言に対して意義を唱えたというのがphotobraさんの意図するとことかと思います。

意を汲んで下さり、ありがとうございます。

しかし、私はもっと大きな視点で、これをきっかけに、科学というものを皆に考えて欲しいと思いました。
とにかくここ20年近く、科学の功罪についての議論が無さ過ぎます。
これはなぜだか私には分かります。
哲学や思想が科学に負けたからです。
「人間の幸福とは何か」という重大な問いかけを、人々が忘れたからです。
もはや「科学万能主義」という言葉さえ死語になっています。
科学が万能であることが当たり前だからです。

下に続く
Commented by Photobra7 at 2009-12-02 00:58
>bernardbuffetさん

上からの続き

今、現代を振り返ってみると、明らかに科学の罪の部分が大きいと思います。
科学は「死」や「不幸」を生んでるとしか思えません。
スーパーコンピューターを作って、私たちの生活が改善されるのでしょうか?
それを使い製品を開発して大企業が儲けるだけでしょう。
リストラとか賃金カットのうまみを知ってしまった企業が社会にその利益を還元するとは思えません。
ようするに私たちの税金は企業に吸い取られるだけだと思います。
せいぜい天気予報が当るようになるくらいですか、恩恵はw

もちろんだからといって、科学を捨てろとまでは言いません。
いわば私たちは科学に犯された中毒患者です。
しかし、最近は科学があまりにも増殖し、大手を振って歩き、誰も歯止めをかける人間がいません。
なのでこんな記事を書きました。

「人類の幸福に科学は必要か?」
「人類を科学は幸福にしてきたのか?」
と皆に問いたいです。
もうそれを考える時期に来ていると思います。
日本の自殺率は先進国で二番目の高さです。
減る傾向にありません。

て、bernardさんの返信というていで、コラムみたいなこと書いてしまいました~。
許して!
Commented by 名無し at 2009-12-02 00:59 x
>>これまで、兵器、公害、現代病、薬害、交通事故、などでどれだけの人間が世界中で死んだんだ?

>これは無視していいのでしょうか?
>ここを深く思考しない人類に未来はありません。

話をすり替えてはいけません。
そういった問題を深く思慮しない人などいないですし、逆にその中で解決策を見出していくのが、考える葦と言われる人間です。
また、科学技術=工業製品、という短絡思考に些かがっかりしています。
今の文化的生活、全てこの科学技術の上に成り立っているというのに。

おそらく永遠に平行線を辿るだけと思いますので、この件についてはこれ以上のコメントは控えます。
Commented by Photobra7 at 2009-12-02 01:58
>名無し さん

>話をすり替えてはいけません。

すり替えてはいません。

>>これまで、兵器、公害、現代病、薬害、交通事故、などでどれだけの人間が世界中で死んだんだ?

これはこの記事の骨子です。
この問いに答えて下さいと申し上げたまでです。
しかも私は貴方の「日本のような小国にとって科学技術は絶対に必要不可欠です」という意見に回答した上で聞いています。
自分が苦しくなるので問題をすり替えたのは貴方です。
なぜ答えられないのですか?

>そういった問題を深く思慮しない人などいないですし、逆にその中で解決策を見出していくのが、考える葦と言われる人間です。

貴方の意見が全く書かれていないではないですか。
自分に不利な質問には答えない、という解釈でよろしいでしょうか?

下に続く
Commented by Photobra7 at 2009-12-02 01:59
>名無し さん

上からの続き

>あなたの商売道具だって、科学技術の賜物であることを忘れてはなりません。

これの回答はまだしてませんでしたね。
貴方に恩着せがましくいわれる筋合いはありません。
私が科学を望んだわけでもカメラを望んだわけでもありません。
選択の自由は生まれたときから無かったのです。科学を受け入れざる終えなかったのです。
今選択できるとしたら、カメラを作る一方で人を殺すのが科学だとしたら、そんな科学なんていらないということです。
何よりも大切なのは「人の命と尊厳」です。その前にはカメラなんてどうでもいいものです。

下に続く
Commented by Photobra7 at 2009-12-02 02:00
>名無し さん

上からの続き

>また、科学技術=工業製品、という短絡思考に些かがっかりしています。

なぜ短絡思考なのですか?
あなたがはじめのコメントで
「日本のような小国にとって科学技術は絶対に必要不可欠です。」
「あなたの商売道具だって、科学技術の賜物であることを忘れてはなりません。」
と書き、科学技術=工業製品という議論のラインを作ったのではないですか。
これは誰が読んでも貴方が「科学技術=工業製品」という趣旨でコメントしているとしか思えません。
ようするに「短絡思考」したのは貴方です。
貴方は自分で自分を批判したことになります。
感情的になられてはいけません。

では、貴方が「がっかり」する「科学技術=工業製品、という短絡思考」意外の思考とは何なのですか?

下に続く
Commented by Photobra7 at 2009-12-02 02:00
>名無し さん

上からの続き

>今の文化的生活、全てこの科学技術の上に成り立っているというのに。

それは先進国の一部の人間に過ぎません。
発展途上国はその恩恵に預かっていないどころか、科学技術を支える石油資源や鉱物資源が自分たちの土地から掘り起こされるために戦火に合い、悲惨な思いをしています。
地球温暖化で海に沈む島まで生まれようよしているこの現代に、貴方は何を時代錯誤的なことを言っているのですか?

それに加え、先に書きましたが、私が科学技術を選択した覚えはありません。
生まれた時から有無を言わさず押し付けられたのです。

>今の文化的生活
???
この皆が野垂れ死にしないために必死に職を探し、自殺率が先進国中第二位にもなる国のどこに文化があるんですか?
文化生活と文明生活を混同してはいけません。
文化は人を豊かにするもので、文明は人間を滅亡に向かわせるものです。

下に続く
Commented by Photobra7 at 2009-12-02 02:01
>名無し さん

上からの続き

>おそらく永遠に平行線を辿るだけと思いますので、

貴方と平行線になったつもりはありません。
貴方は自分の意見もなく闇雲に人を批判するだけの方です。
一緒にしないで下さい。
それは、貴方の次の言葉でわかります。

>この件についてはこれ以上のコメントは控えます。

これは私がイラク反戦運動をブログで活発に行ったときにコメントを入れた「名無し」さんの、常套の締め言葉です。
自分の言いたいことだけ言い散らかして帰っていく。
こちらとコミュニケーションを取ろうとしない、議論さえできない人なのです。
自分の頭で考えることをお勧めします。

おわり
Commented at 2009-12-02 03:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-12-02 03:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tes_music_system at 2009-12-02 08:06
国家予算の半分が借金では、予算の削減は仕方ないよね。
みんな総論賛成、各論反対のように感じるね。
だから軍事費や公務員、天下り、特殊法人、国会議員、を最初に削減するべきだと思うけどね・・・?!
今回の意見は過激な意見だけど、問題提起も大きいと思います。
で私の意見は・・・やっぱ今回は反対かな・・・?!(笑い)
Commented by rikiji2002 at 2009-12-02 18:44
分る! 分る! 分るけど・・・・・・・ちょっと違う・・・・
科学=医学が発達したおかげで俺の命があるんだ。
今は医学に感謝してる(笑)

確かに事業仕分けの科学者の反論にはザラーっとしたものを感じたな。
もう少し演出を考えた方が良かったような・・・・・・
Commented by 名無し at 2009-12-02 20:59 x
表題の件についてこれ以上議論する気はありませんのであしからず。
ただ、一点だけ言わせてください。

あなたが言われている「名無し」さんとは私は別人ですよ。
Commented by 774 at 2009-12-03 10:00 x
>それは私が選択した覚えは無いです。
>生まれたときから押し付けられています。

アホ?
押し付けられたものを使ってる時点でそれは「使うという選択をした」ということなんだけどねw

>これまで、兵器、公害、現代病、薬害、交通事故、などでどれだけの人間が世界中で死んだんだ?

科学技術は人間の最も深い欲望によって進歩してきたんだよ。それを理解できないんだねw
Commented by photobra7 at 2009-12-05 11:32
>親分

>国家予算の半分が借金では、予算の削減は仕方ないよね。

ですよね。

>だから軍事費や公務員、天下り、特殊法人、国会議員、を最初に削減するべきだと思うけどね・・・?!

賛成!
特に軍事費と国会議員。

>で私の意見は・・・やっぱ今回は反対かな・・・?!(笑い)

ははw
Commented by photobra7 at 2009-12-05 11:32
>rikijiさん
>科学=医学が発達したおかげで俺の命があるんだ。

う〜ん、本文にも書いてあるんですが、rikijiさんの病気は科学が原因であるケースが多い気がしています。

>.確かに事業仕分けの科学者の反論にはザラーっとしたものを感じたな。

科学者の言うことを鵜呑みにする必要はないですね。
科学が必要かどうかを判断する能力は彼らにはないです。
そういうトレーニングはいっさい受けてませんからね。
科学素人の我々が堂々と判断すればいいと思います。
Commented by photobra7 at 2009-12-05 11:34
>774
>アホ?

お前は小学生かw

>押し付けられたものを使ってる時点でそれは「使うという選択をした」ということなんだけどねw

保育機の中に入ってる赤ちゃんが保育器を選択したというわけか。

>>これまで、兵器、公害、現代病、薬害、交通事故、などでどれだけの人間が世界中で死んだんだ?
>科学技術は人間の最も深い欲望によって進歩してきたんだよ。それを理解できないんだねw
荒らし目的がバレバレだなw

答えてになってないな。
科学がどうして進歩したかなどどこにも書いた覚えはない。
科学がこれまで膨大な数の人間を殺したけど、それをどう思うんだ、て聞いている。
ま、都合の悪い質問にはごまかしたり無視が荒らしの常套手段だから、こんなシンプルな質問にも答えられないだろうな。
Commented by 774 at 2009-12-07 22:33 x
保育器ねぇw
あなた自分で選択できる大人じゃないの?
赤ん坊かwww

>科学が膨大な数の・・・
科学なんぞなくても人類は膨大な数を殺してきているがね。
これに対してはどういう答えを返してくれるかな?

どう思うか?必要悪だろうよw
Commented by Photobra7 at 2009-12-08 20:16
>>押し付けられたものを使ってる時点でそれは「使うという選択をした」ということなんだけどねw

>保育機の中に入ってる赤ちゃんが保育器を選択したというわけか。

これに対しての回答が、

>保育器ねぇw
>あなた自分で選択できる大人じゃないの?
>赤ん坊かwww

これか・・・・・・。
正直、驚いたよ。
Commented by marsplus at 2009-12-12 02:33 x
どうせネタだろ…そもそも仕分け作業自体が「愚者」を演じる事によって少しでも「考えて欲しい」という事を目的にしているのだから。今まで天下りが居れば自動的に配布されていた予算に付いて「馬鹿」でも判るような説明を求めたのが仕分けの趣旨だ。説明出来ないような役人は仕分け対象にして必要な事業は科学者先生に説明してもらって復活折衝に持っていくのが目的。でなきゃとっくに密室で予算削減案の作成をやってたよ。

科学とか発明というものは別に科学者とか特別なものを言うのではない。鋭い牙も爪も無い裸の猿に過ぎない人間の「手足の延長」だ。ナイフで人を刺すかリンゴをむくか決めるのは人間だ。
あんたきっと本当の「夜」を知らないだろう…どうせモテまくりのヤリチン野郎だから孤独の恐怖も快適も知らないだろうな。本当の夜という奴は普段なんて事無い山が突如闇と緑の地獄に変貌するんだよ…昼間入った山道が急に冷えるは夜目の利く筈の目は使えないは…誰も来ないは…。何とかコースアウトせずに集落に助けを求めて事なきを得たけどほんの数メートル外れたら危なかった。
人間は単体では熊どころか猪より弱い、硬い木の実も割れない、すぐに腹を壊す。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード