フォトブラセブン,photobra7,ふぉとぶらせぶん,フォトブラ,photobra,ふぉとぶら


北太平洋の魚介類は食べないほうがいい



先日、福島沖で捕れたタコが築地に出荷された。
この春、カリフォルニアに陸揚げされたマグロからセシウムが発見されたばかりだというのに・・・。(つづきは画像下のMoreをクリックして下さい)



01
f0192814_18185622.jpg

マグロの天ぷらが気になる。








福島原発事故で海に垂れ流された放射性物質の量は、兆、京などもの凄い単位になっている。
人類がかつて経験したことのない大規模な海洋汚染だ。
もちろん海産物も汚染され、特に食物連鎖の上位にあたるマグロなどの大型魚の汚染は、チェルノブイリ事故で有名になった生物凝縮という現象によって極めて高いレベルになることは間違いない。






02
f0192814_1819213.jpg

あまり知られていない裏沖縄名物、
というより地元の人が好んで食べるのが天ぷら、特に魚とイカの天ぷらである。








「基準値以下ならいいのではないか?」
そんな声も聞こえて来そうだが、とんでもない。
日本の規制値は100ベクレルと高すぎる。ドイツは成人8ベクレル、幼児4ベクレルだ。
また、放射能被曝を考えるうえで最も大切なのが「放射能の安全にしきい値はない」という世界の研究機関の共通認識だ。
「ここまでは身体に取り込んでも安全ですよ」という値はないのである。
なので「放射能基準値」は安全を保障するものではなく、政治的な意味しか持たない。







03
f0192814_1819757.jpg

本土の天ぷらとは違い、衣が分厚く具も大きい。
ほのかに甘みもあり、美味い。価格も手頃で、クセになる。








それに、考えて頂きたい。
基準値越え500ベクレルの食物を一年に一度だけ食べるのと、基準値以下50ベクレルの食物を毎日食べるのとでは、どちらが身体に悪いか?
子供でもわかる話だ。
「基準値以下なら安全」は大ウソである。







04
f0192814_18191230.jpg

専門店で買った天ぷらをオヤツがわりに食べるのがこちらのスタイル。








食品検査にも大問題がある。
「どんな立場の人が、どのように行っているか」がはっきりしない検査には何の意味もない。
「食品を売りたい」立場の人が「値の低いところだけを選んで」検査している可能性があるからだ。
実際にそのような例が次々と報告されている。
また、311以前から日本は食品の管理がずさんだ。
汚染米、産地偽装、魚名の偽装・・・。
そんな国で、政府や生産者、流通業者サイドの
「基準値以下です」
の言葉を鵜呑みにする者はよっぽどのお人よしが大馬鹿者である。
店頭に基準値を超えた食品が並べられ、たびたびニュースになっていることは周知の通りである。








05
f0192814_18191672.jpg

記事の内容に反し、魚やイカ(画像)の天ぷらを食べているが、
これはあまりにも美味いので「たまにはいいだろう」と誘惑に負けているから。
しかし・・・・そろそろやめようと思います。
本当に怖い。






ここまで読んで、
「またいつものBravo節か」
「大げさな」
「放射脳が」
と思った人には食べるなと言わない。
汚染食物を皆が避けると食料不足になる。誰かが食べなければならない。
10年20年後に最悪癌になって苦しむのはご自身だ。どうぞご自由に。
しかし、子供に北太平洋の魚介類や、太平洋側の東北および関東産の農産物などを食べさせるのは断じてやめて頂きたい。
大人の無知のせいで子供の未来を奪ってはならない。






06
f0192814_18192082.jpg

珍しいモズクの天ぷら。
期待していなかったが、美味かった。
モズクはほとんど味のないものとの認識が覆り、濃厚な味に驚いた。









福島沖で捕れたタコを落札した業者が言った。
「復興支援のためにも今後も入荷したい」
馬鹿な!
無知な人びとに放射能という毒を食べさせることは支援でも何でもない。罪悪だ。
本来なら政府・東電が漁業補償すべきところを、なぜ我われが汚染魚を食べることで肩代わりしなければならないのだ!!















07
f0192814_18192540.jpg

我家のキャットフードは311以降外国産です。














ここ沖縄で本格的に仕事としての写真活動を始めることにしました。
撮影依頼は、まずはメールでお気軽に御相談下さい。photobra7@gmail.com


一日一回クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2012-08-04 18:29 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード