フォトブラセブン,photobra7,ふぉとぶらせぶん,フォトブラ,photobra,ふぉとぶら


最近の出来事などをつぶやく



最近またツイッターに魅力を感じている。
短い文字数でその時感じたことを気軽に書けることが魅力だ。
ブログはどうしても身構えてしまうし、このブログの場合「渾身の画像を添付する」という自らに課した縛りがキツイ。
そこで今日はつぶやきぽい雑記集。




f0192814_003258.jpg





「ビアンカ・オーバースタディ」筒井康隆
最近出版された人気のライトノベル。作者は敬愛する作家というより私が人生において最も影響を受けた3人の内の1人。読まずにいられようか。各章のタイトルに必ず「スペルマ」の文字が入ることにまず驚く。次に主人公の超絶美人の女子高生が男子のペニスをしごき射精に至らしめるというのっけからの展開にツツイストの私は喝采。そこから最終章の原発問題含む文明論に持ち込むセンスに感心。またブラックユーモア、ニヒリストの側面に目を向けられがちな作者のティーンの読者に対しての「より良き未来を作って欲しい」といういい意味での教条主義が垣間見えやっぱ筒井さんええ人やとまたしても喝采してしまう。因みにラストで主人公ビアンカがある大きな決心をするのだがこのラストは作者の過去の作品「秒読み」と同じである。なおこの短編は非の打ち所のない傑作でかつ意外で爽快などんでん返しが待っちょります。SFファン必読。

ていうか
ここまで書いてかなりな長文になる予感。長いブログなどただのマスタベーションに過ぎないのだがまあ個人的な備忘録という側面もあるので読者の皆さんは途中で読むのをやめるなりお好きなテーマだけ読むなりして下さい。但し全部読みきった方はコメントを入れること!

沖縄と煙草とトイレと
沖縄で驚いたのが喫煙家の多さ。公共の場に堂々と灰皿が置いてある。分煙が進んだ内地(本土)ではありえないことだ。スーパーや公園などにある公衆トイレは内地では入る前から鬱になるほど汚いが沖縄では目を背ける程汚れたトイレは見たことない。これをどういうことか説明すると、沖縄の人は人の嗜好にイチャモン付ける図図しさはなくしかし自分には厳しく人の迷惑になるようなことは避ける。反して内地の人は平気で人の嗜好にイチャモンを付ける図図しさを持ちその癖自分には甘く人に迷惑をかけることを何とも思わないというか人に迷惑をかけても気付かない。ようするに、人に煙草を吸うなと高飛車な物言いをする前に公衆トイレを汚すなてこと!私は非喫煙者ですが便所は汚しません。

「プロメテウス」
お互いに好きな監督なので彼女と二人本格SFを楽しみにしてたら、ギャグ映画だった。映画館で思い切り笑いたかったのだが、他の客から顰蹙を買うので隣席の彼女をつっ突き「『無駄だった』だって。それはこっちの言う台詞だよ。これまでの時間を返せ。くくくくくくっ」などと笑いを押し殺していた。映画館を出ると彼女「リドリー・スコット終わった」と一言。

格安な沖縄の自賠責
最近軽自動車の車検を通した。皆さんは沖縄の車やバイクの自賠責保険が安いことをご存知か?軽自動車を例に取ると内地が2年で¥24180のところ沖縄では¥13260とほぼ半額になるのである。わははははは。そのかわり収入も2/3以下になるけどな。わははははははは、は。因みに車検費用は格安チェーン店にて60分の点検とアドバイス付きコースで2年保険込みの合計が¥30680。交換部品はラジエータキャップの¥1000のみだった。車はこの冬に買った10年落ち6万キロ走行の格安中古車だったのでいかに購入した中古車販売店が良心的だったかということが分かり感動した。

踊る大捜査線に踊る者は馬鹿
あまりにも有名なシリーズのTV版最後の作品とのことなのでTVドラマをほとんど見ない私が世間の見識を測る意味もあって「踊る大捜査線 THE LAST TV サラリーマン刑事と最後の難事件」を観たらつまらぬことこの上なし。ていうか中なかストーリィが進行しないのに驚いた。最後だし視聴率悪くても責任取らなくていいし予算使い放題で好き勝手に楽しくやるしそんなお祭りモードが逆にラストらしくていい雰囲気になるんじゃないのと完全に視聴者を舐めきった製作サイドの態度があからさまで寒いギャクの連発と意味のない長い間の乱発とでドン引きした。しかしツイッターで検索かけると好評で視聴率も21%だったそうだ。やれやれ。

「喝采」落合博満
昨年秋、中日退団後に出した本。落合ファンの私なのだがまごまごしてたら読むのが今になった。野球に関する今だから話せるエピソードを期待したらビジネスマン向けのハウツー本みたいな内容だった。構成と文章が卓越しているので本人が独力で書いたとしたら野球人がプロ並みの本を書いたということで凄いことだ。優秀な編集者もしくはゴーストライターの力を借りていたとしたらそれはそれで類まれなる自己プロデュース能力を持っていることになる。人の意見を聞けていい物を作れるということだからな。P.151の一文がぐっと来た。曰く「誰かが何かを始めようとする時、なぜ粗探しをするような見方しかできないのだろう。しかも自分の目で見て確かめようとせずに」。この言葉そっくり反原発のくせに反原連、特にリーダーの@MisaoRedwolfさんをバッシングするアホ共に送る。本を読んだ後Youtubeで彼のインタビューを拾ったのだが、なんて彼は人を癒すちからがあるのだろう。勝負の場では百戦錬磨の勝負師さえたじろがせる凄味を醸し出し、勝負の場から降りると優しい笑顔と思いやりある態度で人を癒す。そんな両極端な面を持った人物なんてそういるもんじゃない。

放射能
魚介類から続々と放射能が検出されている。それでも日本人はロクに検査もされていない魚を「応援応援風評被害風評被害放射脳放射脳」と言いながらばくばく食べている。毒を食っていけないことはどんな馬鹿でも分かることなのに日本人て人種はまこと奇奇怪怪だ。ばくばく食べて死ぬのは勝手だが一緒に食べざるを得ない子供が不憫だ。

ムツゴロウ
最も影響を受けた3人、と書いたがその一人が実はムツゴロウこと畑正憲。高一の時に「ムツゴロウの青春期」を読んでからというものその豪快な生き方と文明批判に強烈に惹かれた。しかし最近Youtubeで彼が涙を流して「原子力発電は素晴らしいものなんです。それを止めてはいけない」と訴えるのを観て呆然とした。あまりのことに思考が停止した。まあ、しかしそこは私もそろそろ50になる身。若い頃ならいざ知らず、「原発マフィアから金もらってるのかな。たくたんの動物やスタッフを食わしてくのは大変だからな」と冷静にこの件を受け止めることにした。それでも憧れの人物のみっともない姿を見るのは淋しいものである。

医者へ行った
2月から微熱が下がらず倦怠感に苛まれている。少し動くとどっと疲れ翌日は寝たきり、なんてこともよくある。病院で検査したが原因が分からず、今日は別の大きな病院で再検査したがまた異常なし。薄笑いを浮かべ早く帰れとばかりもごもごどうでもいいことを言う医者に「脳の検査をしてくれ」と懇願すると明日脳のCTスキャンをすることになった。脳に異常がなかったら原因を見つけてくれる医者を探す途方もない旅へと旅立たねばならぬのか。超いやなんですけど。

眠り
体調が悪くなるに連れ、眠りが深くなっていく。なぜだ?元もと眠りの浅い私に取っては喜ばしいことなのだが不気味ではある。それにしても深い眠りから目覚めた時の爽快な気分といったら。

胃カメラ
今まで胃カメラ飲んだことは?ありません。じゃあ何で飲む気になったんですか?何ででしょうねえ。飲んだことないから?カメラのホースを手に持つ医者。今、ここへ来たことを後悔しています。笑う医者と美人の麻酔科医。鼻からカメラを入れたのだが苦痛のないことに驚いた。胃は全くの健康状態だった。

死生感
今死んでも悔いはない。悔いはないというか悔いという概念が私にはなくなってしまったようだ。2年前に悟りを開いたことも影響しているが、この悟りについては私が百万言を費やしても1万人に1人も伝わらなそうなので誰にも喋っていないし今ここに書くこともしない。後1年で死にますと言われても「ああそうですか」とあっさり受け入れるだけだろう。ただ、苦しんで死ぬのは御免だ。




励ましのクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


[PR]
by photobra7 | 2012-09-05 00:09 | コクる | Comments(4)
Commented at 2012-09-05 07:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-09-05 08:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by  みなみ まさあき  at 2012-09-11 15:22 x
おげんきですか?
Commented by photobra7 at 2012-09-12 07:56
>みなみ まさあき さん
お元気ですか?
お久しぶりで、うれしいですねえ。
リツイありがとうございます。
最近、ツイッターでの反原発運動、仲間割れが酷いですねえ。
体調は悪いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード